全ての投稿へ戻る
プリントtシャツ
はじめてガイド

インクジェットプリント(DTG)とシルクスクリーンプリントの違い【オリジナルTシャツ】

投稿者: • この記事を読むのに必要な時間:6分

オリジナルTシャツのプリントにおすすめのプリント方法は?

ネットショップでオリジナルプリントの商品を販売してみたいとお考えの方や、オリジナルTシャツを作成しネット販売してみたいとお考えの方なら、顧客満足度とビジネスで利益が生まれるコストパフォーマンスを両立させたプリント・印刷方法を利用することはビジネスの成功に必須です。

オリジナルTシャツの作成・販売に利用可能なプリント・印刷方法は今のご時世にはた多数存在しますが、その中でも最も一般的な印刷方法が今回ご紹介するインクジェットプリント(DTG)とシルクスクリーンプリント(シルク印刷)です。今回は、人気の2大プリント方法、インクジェットプリント(DTG)とシルクスクリーンプリント(シルク印刷)、それぞれのプリント方法の違いをわかりやすくご紹介し、オリジナルTシャツ等のプリント商品の作成・販売でどちらのプリント方法を選べばいいかをわかりやすくご紹介します。

ご要望の多かった、昇華プリントも含めたTシャツプリント方法徹底比較記事も公開されました。インクジェットプリント、シルクスクリーンプリント、昇華プリントの違いをわかりやすくご紹介しています。

例えば、オリジナルTシャツを1枚から作成するならどちらのプリント方法がいいのかなど気になることがたくさんありますよね。

小難しい説明に入る前にまずはPrintfulのアメリカ、シャーロットにある印刷工場の製品マネージャー、Chad(チャド)が教えるプロの視点からのインクジェットプリント(DTG)とシルクスクリーンプリント(シルク印刷)の違いのガイド動画をぜひご覧ください。(英語のみ)

シルクスクリーンプリント(シルク印刷)とは?: プリントの仕組み

シルクスクリーンプリント(シルク印刷、シルクスクリーン印刷)はメッシュ状の製版 (孔版、シルクスクリーン)を利用してインクを直接生地に刷り込んでいく印刷方法です。まずはインクをデザインが決まった製版に流し込むと、メッシュ状の製版の穴の空いている部分(デザインの部分)にインクが浸透し、デザインの形を生み出します。次にメッシュの製版(シルクスクリーン)にインクが浸透したらスキージと呼ばれる窓拭きワイパーのようなゴムのヘラを利用し、メッシュの製版を生地に押し付けながらスライド移動させます。生地全体に製版を押し付け終わるとメッシュの製版から滲み出たインクが生地に綺麗に押し出されて印刷がされるという仕組みです。

プリント技術が発達する以前はこのシルクスクリーンプリント(シルク印刷)はオリジナルプリントが行える唯一のプリント方法で、ロゴ入りのプリントTシャツを大量注文する際などに広く利用されてきました。

シルク印刷-仕組み

シルクスクリーンプリント(シルク印刷)はそれぞれのデザインの要素ごとに、異なる製版を利用する必要があります。また、一度に一色のプリントに限定されるので、デザインに複数のレイヤーが含まれている場合はレイヤーごとにプリントをする分、プリントが完了するまでの時間が長くかかります。

シルクスクリーンプリント(シルク印刷)におすすめのデザイン(Tシャツ等)は?

シルクスクリーンプリント(シルク印刷)は多くの事例でシンプルなデザインで、使用する色が少ない際に有効なプリント方法です。手間はかかりますが、細部までディテールにこだわったタイポグラフィーや、ドローイング、シェイプ、シンボル等のデザインをすることも技術的には可能です。

シルクスクリーンプリント(シルク印刷)はネットショップ運営・ビジネスに向いている?

シルクスクリーンプリント(シルク印刷)は上記でご紹介の通り、シンプルなデザインで単色のソリッドカラーを利用したデザインをプリントする際に適しています。ただ、複数の色を利用したカラフルなデザインをプリントしたい際などではコストパフォーマンス等を考えると良い選択ではありません。

シルクスクリーンプリント(シルク印刷)のデメリットは事前に多額のプリント用製版への投資が必要で、実際に製版を作成し始めてから商品をプリントできるようになるまでに長い時間がかかる点です。

また日本でオリジナルプリントを提供している多くのプリント業者では、必要な最低注文枚数(5枚から100枚)が設定されていたり、1枚からプリントOKと謳っているプリント業者でも1枚限りの注文ではかなりの高額料金(3000円から10000円)が設定されているケースがほとんどです。プリントの1枚あたりの価格を抑えたいからと、大量に注文をする際には、プリントしたオリジナル商品が不良在庫となるリスクがあり、結果的に家やオフィスに売れ残ったオリジナルプリント商品の在庫が山積みとなる可能性が付きまといます。この問題は特にネットショップを開業・運営し始めたばかりの方や、新たなデザインを市場で試したい際などに大きなデメリットとなり得ます。

注文したTシャツ等のプリント商品の価格は、デザインをプリントする際に使用する色の数と、シルクスクリーンプリント(シルク印刷)利用時に使用する製版の必要枚数によって大きく左右されます。このことから、多くのプリント業者で表示されている価格は最低価格であり、実際の価格はプリント業者にデザインを入稿し、別途見積もりを出してもらわないといけないケースがほとんどです。

また、いくつかのプリント・印刷業者では、各カラーごとに別々のレイヤーを作成してデザイン入稿をすることを要求されたり、デザインをプリントする際に利用するインクの色コードの詳細を別途求められることも発生します。このように、注文時にプリント業者との細かいやりとりが発生するので、デザインを簡単にアップロードして商品をプリント・作成したい方にはシルクスクリーンプリント(シルク印刷)は向いていません。

インクジェットプリント(DTG)とは?プリントの仕組み

インクジェットプリント(DTG – ガーメントプリンター)は、名前の通りインクジェットのプリント技術を利用し、Tシャツに直接インクを吹き付ける方式です。この印刷方式はTシャツに限らず通常の紙媒体の印刷で広く利用されています。ガーメントプリンター(DTGプリンター)とも呼ばれる衣類専用の特殊なプリンターを利用すると、衣類にデザインを直接プリントすることが出来ます。紙にインクでプリントがされるのと同じ仕組みで、衣類の生地にプリントが施されるという初心者にもわかりやすいシンプルなプリント方式と言えます。

ダイレクト印刷-仕組み

インクジェットプリント(DTG)におすすめのデザイン(Tシャツ等)は?

インクジェットプリント(DTG)は色の選択肢が豊富なプリント方法なので、写真等の風景画像や、細部までディテールにこだわったデザインのプリントも色数の制限なく行うことが可能です。例えばオリジナルのブランドで新たなデザインで新商品を販売したい際や新色商品を追加してみたい際などに、このプリント方法はとても便利と言えます。

インクジェットプリント(DTG)はネットショップ運営・ビジネスに向いている?

インクジェットプリント(DTG)はプリント商品を実際に顧客に販売する際に最も簡単でスムーズな方法と言えます。

オンデマンド印刷(プリント・オン・デマンド)の仕組みを利用すれば、受注生産のように、顧客から注文が入った際のみ商品がプリント・製造されるので、事前に大量の商品をプリントして仕上げる必要がありません。

インクジェットプリント(DTG)はデザインの全てを一度にまとめてプリントすることが可能です(ただし、暗い色の生地に印刷を施す際は白インクで下地レイヤーをまずプリントする必要があります)。インクジェットプリント(DTG)で利用されるガーメントプリンターには利用可能な色数に制限がないので、実際に商品をプリントする際に長い時間をかけてプリント用の製版等を準備する必要がないので、一度デザインデータを入稿すれば、注文した商品がすぐにプリントされる形です。

このプリント方法を利用してオリジナルTシャツ等を作成すると、損失のリスクを避けて新たなデザイン、新商品を市場に投入することが可能です。仮に売上が思わしくなくても、ショップのラインナップから削除するだけでOKなので、手軽に販路の拡大を試すことが出来ます。

インクジェットプリント(DTG)とシルクスクリーンプリント(シルク印刷): Tシャツのオリジナルプリントに適しているのはどっち?

インクジェットプリント(DTG)とシルクスクリーンプリント(シルク印刷)はどちらも高品質のプリント方法です。主な違いが冒頭でご紹介したプリント方法の仕組みの違いとコスト面です。インクジェットプリント(DTG)は紙のプリンターと同じようにインクをスプレーのように吹き付け、シルクスクリーンプリント(シルク印刷)では生地にインクをレイヤーのように押し付ける技術を利用しています。またインクジェットプリント(DTG)ではオンデマンド印刷が利用でき、受注生産方式で商品を1枚からプリント出来、シルクスクリーンプリント(シルク印刷)では大量注文でプリントする際に有効なプリント方法です

まだどちらのプリント方法を利用するかお悩みなのであれば、こちらの比較チャートをご確認ください。:

 シルクスクリーンプリント
(シルク印刷)
インクジェットプリント
(DTG)
高品質なプリントが出来るかはいはい
詳細までこだわったデザインのプリント出来るかいいえはい
無制限に色が利用出来るかいいえはい
最低必要オーダー数があるかはいいいえ
オンデマンド印刷(受注生産)に対応しているかいいえはい
大量注文に向いているかはいいいえ
事前に資金投資が必要かはいいいえ

比較チャートを見ると分かる通り、金銭面以外にもビジネスの内容や、デザインの内容などでおすすめのプリント方法が変わってきます。

また、Tシャツをプリントする際の仕上がりは、生地の違いにも大きく左右されます。綿、ポリエステル、混紡生地の違いも合わせて確認しておきましょう。

オリジナルTシャツに合った適切なプリント方法を選択肢しよう

オリジナルTシャツ等のオリジナルプリント商品の作成・販売にインクジェットプリント(DTG)とシルクスクリーンプリント(シルク印刷)、どちらを利用するかは最終的には読者の皆さんの好みの問題にはなってきますが、プリント方法を選択する際には下記の項目に特に気を付けてプリント方法を決めることをおすすめします。:

  • プリントするデザインが複雑なものであるか否か
  • 必要である商品数
  • に投資をして在庫を確保したいか否か

最も効率的にオリジナル商品をプリント・販売する方法としておすすめなのは、オンデマンド印刷に対応したインクジェットプリント(DTG)のプリント業者を利用する方法です。冒頭でご紹介した通り、新商品・デザインをリスクなしで気軽で導入出来、さらに在庫の管理、配送などの手間のかかる作業を省くことが出来るので、商品のデザイン、宣伝等のマーケティング部門に専念することができる、ビジネスにも強う味方です。

Printfulのブログ記事をご精読いただきありがとうございます。ご質問等がございましたら下記のコメント欄、またはPrintfulの公式Instagramアカウントのメッセージ機能までお気軽にご連絡ください。

この記事は2019年4月に公開、以後都度最新情報に更新されています。

無料グラフィックをダウンロード

最後までお読みいただいた方に無料の刺繍用グラフィックをご用意しました。Tシャツや帽子のデザインにご自由にご利用いただけます。次の欄にメールアドレスを入力しブログをフォローするだけでダウンロードできます。

返信をする

あなたのEメールアドレスは公開されません



全ての投稿へ戻る

Printfulを試してみたくなりました?

ECサイトのアカウントと接続、または個人向け注文をする

今すぐ始める
shares