全ての投稿へ戻る
星野さん デザイナー
サクセスストーリー

Gignomai Moskyt(ギグノマイ・モスキート): ストリートウェアデザイナーのPrintfulを利用したサクセスストーリー

投稿者: 2019年 8月 21日 • この記事を読むのに必要な時間:4分

ファッション、デザインに興味のある方なら、いつかは自分のデザインのオリジナル商品を販売してみたいと誰しも夢を見るものですよね。

今回ご紹介するPrintfulを利用してオリジナルデザインの商品を販売している成功者は星野友里さん。海外在住経歴をお持ちで、現在はワーキングホリデービザを活用してドイツのベルリンに在住しながら、日本に限らず、世界中に星野さんの世界観で溢れたオリジナルブランドの商品を販売展開しています。

Printfulのオンデマンド印刷対応ドロップシッピングサービスを利用し、「Gignomai Moskyt(ギグノマイ・モスキート)」というストリートウェアブランドを展開し、成功を収めている星野さん。そんな星野さんに今回はインタビュー形式でPrintfulの利用し始めたきっかけや、現在のビジネスの内容、今後の展望をお伺いしました。

View this post on Instagram

Coming soon!

A post shared by Gignomai Moskyt (@gignomai_moskyt) on

海外との繋がりが多い生い立ち

まずは星野さんにご自身の生い立ちについて伺ったところこのように答えてくれました。

「両親とも日本人ですが、父の駐在の関係で、アメリカ合衆国コネチカット州が私の出身地です。アメリカ側から見れば日系アメリカ人にはいりますが、私が生まれたあとは日本に帰国したため英語はネイティブではありません。それでも毎年両親の友人を訪ねてショートステイへ行ったり、ちゃっかりアメリカ大統領選挙は投票に行ったりなんかしていました。大学2年生のときに文部科学省民官協働プロジェクト(トビタテ留学JAPAN)日本代表プログラムの奨学生として、ニューヨークに1年間ダンス留学をしていました。Tシャツデザインとかやってみたいなぁと話していたところ、ダンサーの友達がPrintfulを教えてくれたのが、私がTシャツデザインをやり始めたきっかけです。留学後は大学に復学した後卒業し、現在はベルリンで半年間のワーキングホリデー中です。」

星野さん談

お父様の駐在の為、アメリカで生まれた星野さん。その後は日本に帰国するものの、様々なきっかけで海外との交流を続けてきた国際的な一面をお持ちです。

Printfulを知ったきっかけはニューヨーク滞在時の友人の勧めから

日本ではまだ馴染みの薄いオンデマンド印刷対応ドロップシッピング業者、Printfulを利用し始めたきっかけを星野さんに尋ねたところ、このように振り返ります。

「一番最初はニューヨークでの滞在中に友人が教えてくれました。Tシャツデザインとかやってみたいなぁと話していたところ、ダンサーの友達がPrintfulを教えてくれたのが、私がTシャツデザインをやり始めたきっかけです。」

星野さん談
View this post on Instagram

🌿👽MELT👽🌿 来なきゃ損損 #party

A post shared by Yuri Amber Hoshino (@yuri_amber_h) on

もともと日本でクラブやイベント向けのフライヤー等の作成を行なっており、もともと商材として使えるデザインをある程度持っていた星野さん。Printfulはアメリカで大流行している、1点から注文OK、自身で在庫を持たなくても大丈夫なオンデマンド印刷の企業なので、手軽にオリジナル商品の注文ができたと振り返ります。

Printfulを選んだ理由はボディの選択肢の多さとデザイン作成ツールの使いやすさ

日本にも似たようなサービスが存在する中で、なぜあえて海外を拠点にするPrintfulを選んだのかを尋ねると星野さんはこのように答えます。

「日本においても複数回発注しました。理由は、ホームページでのTシャツとグラフィックの配置が調整しやすく、自分で範囲内において自在に決めることができたからです。また、Instagramで購入を募っていた私には、配置後の完成像が綺麗な画像で見れたので、そのままスクリーンショットし、複数のバリエーションをフォロワーに見せることができました。他にもTシャツのプリントサービスを行っている会社は日本にもたくさんありますが、自分の印刷具合のイメージやサイズ印刷等の調整を業者の方と行う工程が面倒くさそう、思い通りにいかなさそう、高い、ボディが選べない、という印象があったため。またカラーバリエーションの豊富さ(特にギルダン)も決め手でした。」

星野さん談

Printfulが提供しているデザイン作成ツール(mockup generator)内でのデザインの調整のしやすさ、またツール内でモックアップ画像の作成、取得が同時にできるのが大きな魅力だったとのこと。Printfulのサイト内の表示価格は基本的にプリント代も含まれた価格なので、日本の同業他社に比べて、料金が明瞭で分かりやすく、少量の注文でも安いのが利点だと教えてくれました。

デザイン作成ツールは無料でデザインが作成できる便利なツール

Instagramのストーリー機能を駆使してこれまで多数の商品を販売してきたという星野さんにとっては、サイト内でデザインをする際に宣伝用の素材として使えるモックアップ画像が手に入るのはかなり使い勝手がよかったと振り返ります。

Printful デザイン作成ツール

簡単にモックアップ画像が簡単に手に入る星野さんがお気に入りのデザイン作成ツールの使い方はとても簡単。自身のデザインをアップロードすることはもちろん、無料素材の文字テキスト、クリップアートを利用してデザインを作成することも可能な優れものです。

もちろんデザイン作成ツールの利用は無料!デザインの初心者でも簡単にデザインの作成をすることができる便利ツールです。

GILDANの商品はストリートウェアのデザイナーに人気

日本の購入者に人気のPrintfulで作成できる商品を星野さんに伺ってみたところ、このように振り返ります。

「プリントギルダンのボディ(Tシャツ、ロングTシャツ、スウェット)を使ったオリジナルをPrintfulで発注し販売しましたが、どれも人気で評判がよかったです。胴回りがゆったりとしていて、丈感が短めのギルダンはストリートファッションの流行のため人気です。また、中でもピンクなどの日本の店頭では見られないカラーが注目を集めやすかったです。」

星野さん談

ストリートウェアを取り扱っている星野さんにとっては、GILDAN(ギルダン)のボディのサイズ感がぴったりなのだそう。また日本では扱っていないカラー、ブランドが手に入る点や、海外サイズのボディが利用できるのが大きな魅力だったと話します。

Instagramのフィード投稿、ストーリーを活用した販売で成功

先ほどご紹介したように、これまでInstagram上でオリジナル商品の販売を行ってきた星野さん。Printfulのデザイン作成ツールで作成したモックアップ画像を活用し、ストーリーを駆使して売り上げを開けてきたそうです。

出典: 星野さんのInstagramアカウント

星野さん個人のInstagramアカウントを覗くと、グラフィックを大胆に活用したフライヤー向けのコラージュデザインがたくさん見受けられます。このようなデザインは昨今のデザイントレンドでもあり、ストリートウェア愛好者からは特に支持を受けているデザインのパターンと言えます。

Printfulを利用してついに本格的な自身のネットショップを開業することに

独創的で抜群のセンスのデザインで、Instagramのみでの販売にも関わらず順調に売上を伸ばしてきた星野さん、そんな星野さんにインタビュー時に今後のビジネスの展望を伺ったところ、PrintfulとECサイトのアカウント連携を利用して自身のネットショップを本格的に開業してみたいとのお話でした。

実はつい最近その野望を叶え、ShopifyとPrintfulのアカウント連携を利用して、星野さんは自身のブランドのネットショップを開業しました。

ブランド名はGignomai Moskyt(ギグノマイ・モスキート)

数ヶ月かけ構築をしたウェブサイトのデザインもブランドのイメージにあった斬新な星野さんらしいデザインを採用し、ブランドの世界観を存分に発揮しています。

ショップ内では、Printfulで提供している、オリジナルTシャツに素敵なオリジナルデザインを施して販売をしています。

Gignomai Moskyt(ギグノマイ・モスキート)

星野さんのサクセスストーリー第二弾では、実際にShopifyとPrintfulのアカウント連携を利用してネットショップを開業した流れをご紹介する予定です。次回の投稿に乞うご期待を!

Printfulのブログ記事をご精読いただきありがとうございます。ご質問等がございましたら下記のコメント欄、またはPrintfulの公式Instagramアカウントのメッセージ機能までお気軽にご連絡ください。

A travel enthusiast originally from a land of ninjas who fell in love with beautiful nature and cultural scenes in Latvia. / 旅行愛好家。ラトビアの美しい自然と文化シーンに一目惚れし、現在首都のリガに在住。

もしもこの記事を気に入ったなら、メルマガ登録して最新情報をゲットしよう

メルマガでドロップシッピングの便利な基礎知識をゲットしよう

返信をする

あなたのEメールアドレスは公開されません



全ての投稿へ戻る

Printfulを試してみたくなりました?

ECサイトのアカウントと接続、または個人向け注文をする

今すぐ始める
shares