全ての投稿へ戻る
Printful-Tシャツ
はじめてガイド

Printful はじめて注文ガイド 【オリジナルTシャツのプリント・デザイン・販売 】

投稿者: 2019年 5月 29日 • この記事を読むのに必要な時間:7分

オリジナルTシャツをデザイン・プリントしてネットショップで簡単に販売してみたい?そんなあなたなら、Printful(プリントフル)がTシャツのデザイン・プリント・販売にぴったりのサイトです。

日本にも似たようなオリジナルTシャツのプリントサービスを行う業者は多数存在しますが、Printfulの特徴はその気軽にオリジナルTシャツの販売が1枚から始められるデザイン作成ツールなどの魅力的な数々のサービス。オリジナルTシャツ以外にも、マグカップポスターバッグ、更にはジュエリーなど、商品ラインナップもとても豊富なのであなたのオリジナル商品で埋め尽くされたネットショップも簡単に開業可能です。

Printfulのサービスの仕組みが気になる?そんなあなたの為に、まずはオリジナルTシャツのデザイン・販売がはじめての方にも便利なガイド動画を2種類ご用意しましたのでぜひご覧ください。(どちらも日本語字幕対応の動画です。)

Printfulのサービスの仕組み

オンデマンド印刷対応のドロップシッピングの仕組み

簡単なPrintfulで利用できるオリジナルTシャツのデザイン・プリント・販売サービスの仕組みがわかったところで、問題は全て英語のサイトでどうやって注文をするかですよね。

そんなあなたの為に今回はPrintfulでのアカウント作成から、オリジナルTシャツのデザイン・注文まで、日本語翻訳付きのPrintfulでのプリントTシャツのデザイン・注文完全版ガイドをご用意しました。

ステップ1: Printfulでアカウントを作成する

Printfulの利用が始めての方は新規のアカウント作成が必要ですので、まずはアカウント登録のページへ移動します。

Printful-登録

そうすると上記のような登録画面が現れるので、“Full Name“(名前 – 名、性をローマ字で)、”Email” (メールアドレス)、”Password“(パスワード)を入力し、”I agree to Printful’s Terms of Service and Privacy Policy.”(プライバシー規約に同意する)にチェック、またメールマガジンを受信したい場合は一番下のボックスにチェックを入れ、”Sign up“(登録)ボタンをクリックすれば登録が完了です。

Printful-メイン画面

一度登録が完了すると、Printfulのメインページに遷移しますので、次のステップはEメールアドレスの確認です。上記の画像のように”Confirm your email”(メールアドレスを確認する)の項目がまだチェックされていないので、登録したメールアドレスの受信箱をチェックして下さい。

Printful-登録-メール

登録時に正しいメールアドレスが入力されている場合はPrintfulから上記のような”Confirm email address” (メールアドレスを確認する)という題名のメールが届きますので、メール内の”Confirm email address” (メールアドレスを確認する)の赤いボタンをクリックしてください。

Printful-メイン画面

Eメールアドレス確認が完了すると、ページ内の2つ目の項目にチェックが入りますので注文が可能です!通常の注文をする際は、ページ右上の”New Order”(新規注文)の赤いボタンをクリックします。

Shopifyなどの越境ECサイトと連携をして販売をする場合は別途の設定が必要になりますのでShopifyとPrintfulのアカウント連携設定方法の記事のご確認を!

ステップ2: 商品を選択

Printfulのアカウント作成が完了したら、次は実際にデザインを作成して、あなたのオリジナルTシャツを注文してみましょう。

注文タイプの選択

Printful-注文-種類

“New Order” (新規注文)をクリックすると、上記のような画面が現れます。1商品の数が2個以下の場合に20%割引で注文が出来るサンプル注文を希望する場合は右側の”Sample order”(サンプル注文)を、それ以外の通常の注文の場合は”Basic order”(通常注文)をクリックしましょう。

商品一覧から商品の選択

Printful-商品一覧

注文の種類を選択するとこのような商品一覧のページに遷移しますので、デザインを作成・プリントしたい商品を選択します。

今回はインクジェットプリントを利用したメンズのプリントTシャツを作成するとします。その場合はまず ”Men’s clothing”(メンズ)を選択。

Printful-商品一覧

そこから、”All shirts”(全てのシャツ)、または ”T-shirts”(Tシャツ)を選択します。

Printful-Tシャツ

商品カテゴリーを選択すると上記のような画面が現れますので、お好みの商品を選択してください。今回はPrintfulで一番の人気商品である、Bella + Canvas 3001(下段真ん中)を選択したとします。

ステップ3: デザイン作成ツールを利用してあなたのオリジナルTシャツを作成

欲しい商品が決まったら、商品の画像をクリックすると下記のような画像に移動します。

製造技術、色、サイズの選択

Printful-デザイン作成ツール

商品を選択すると、上記のような”Mockup generator”(デザイン作成ツール)が現れます。

商品の製造方法は、”Printing(DTG)” (インクジェットプリント)と”Embroidery”(刺繍加工)から選択が可能なので、”Choose technique”(製造技術を選択)からお好みの製造方法を選択しましょう。今回はインクジェットプリントを利用する例をご紹介するので ”Printing(DTG)” を選択します。

また、この画面で利用したい色を”Choose color”(色を選択)から選択し、欲しいサイズを “Select size”(サイズを選択)から選択してください。サイズガイドを確認したい場合はサイズ選択の項目にあるリンク、”See size guide”(サイズガイドを見る)をクリックしてください。

デザインデータの入稿

サイズ、色が決まったらついにデザインデータの入稿です。”Next step”(次のステップ)の項目には3つのツールが存在し、”Upload file”(ファイルをアップロード)、”Add text”(文字テキストを追加)、”Add clipart”(クリップアートを追加)が選択可能です。

Printful-デザイン作成ツール

今回は、元々Photoshopで作成した日本語テキストのデザインデータを入稿するので、一番左の”Upload file”(ファイルをアップロード)を選択します。

Printful-デザイン作成ツール

“Upload”(アップロード)の赤いボタンをクリックすると、ご利用のパソコン、スマートフォンから画像のアップロードが可能です。

Printful-デザイン作成ツール

初めてのデザインデータの入稿時には上記のポップアップが現れますので、”I understand and accept these conditions”(規約に同意する)にチェックを入れ、”I accept”(同意する)の赤いボタンをクリックしてください。その後にお好みのデザインデータを選択します。

Printful-デザイン入稿

デザインの入稿が完了すると、上記のようにあなたが入稿したデザインが表示されるので、そのデザインを利用する場合はデザインの画像をクリックし、次の画面に進んでください。

デザインの調整を行う

Printful-デザイン作成ツール

デザインの入稿が完了すると、上記のようなサイズ、位置を調整するツールが現れます。その際画像の”Print quality”(印刷品質)が ”Good”と表示されていることを必ず確認してください。低画質のデザインを入稿すると、実際にTシャツにプリントがされた際にぼやけた仕上がりになってしますのでご注意を。

デザインの大きさは、グリッドを拡大縮小させると調整が可能です。グレーの枠内が安全印刷範囲なのではみ出ないように気をつけましょう。

デザインデータの入稿ガイドを別途ご用意しましたので、注文前に併せて確認しておくことをお勧めします。

Printful-デザイン作成ツール

“Front”(正面)以外にも、製品によってはBack(背面)、Left Sleeve(左袖)、Right Sleeve(右袖)、Outside label(外側タグ)、Inside label(内側タグ)にオリジナルデザインを施すとも可能なので、状況に応じてデザインを追加してください。

Printful-デザイン作成ツール

デザインの作成が完了すると上記のような画面が現れますので、納得がいくデザインが完成したら、”Continue to shipping”(配送へ進む)の赤いボタンをクリックしましょう。

ステップ4: 配送先情報の入力と支払い

プリントTシャツのデザイン作成が完了したら、オリジナルTシャツの注文作業の最後のステップに進めます。

配送先の設定をする

Pritnful-配送先設定

上記のような配送先住所入力の画面に遷移したら、 “Full name”(フルネーム – 名、性の順番でローマ字入力)、”Address line” (住所)に市町村よりも後の住所を入力、Postal/Zip code (郵便番号)、City(市町村)を入力しましょう。

配送時に連絡がついた方がいい場合は、”Phone”(電話番号)の部分に電話番号を入力してください。

必要事項の入力が完了したら、”Calculate shipping”(配送代金を計算)をクリックします。

Pritnful-配送先設定

上記のような配送代金見積もりの画面が出ますので、納期、配送代金に合わせてお好みの配送方法を選択してください。

配送方法の選択が完了したら、”Continue to review”(内容を確認する)の赤いボタンをクリックします。

代金の支払いをする

Pritnful-注文内容確認

注文の内容の最終確認をする項目が現れるので、”Price”(商品の価格)、”Shipping to”(配送先住所)、 “Shipping method”(配送方法)に誤りがないか再度確認をしてください。”Shipping from”(発送元の製造拠点)は納期が早い拠点からの発送に自動的に振り分けがされます。

Pritnful-支払い

支払いはクレジットカード、Paypal(ペイパル)、Printfulウォレット(サイト内の電子マネー)から支払い可能です。

クレジットカード支払いの場合は、緑枠内の”Card number”(カード番号)、”Expiry date”(有効期限)、”CVV code”(CVV番号 – カードの裏に記載の3桁もしくは4桁のセキュリティコード) を入力。

配送先の受取人と同じ名義、住所の場合はすぐ下の ”Billing address same as shipping address”(配送先住所と同一)にチェック、異なる場合は配送先住所の入力時と同じように住所を英語表記で入力しましょう。

全ての入力が完了し、内容を確認した後に “Complete order”(注文を完了させる)をクリックすれば、あなたのオリジナルTシャツの注文が完了です。

海外ブランドのオリジナルTシャツを1枚から気軽にデザイン・プリント・販売してみよう

ここまで読んだら、英語が苦手な方でもPrintfulでのプリントTシャツのデザイン・注文はバッチリですね。今回はECサイトと連携をしない通常のオリジナルTシャツのPrintfulでの注文方法を日本語翻訳付きでわかりやすくご紹介しました。

もしもさらに踏み込んで世界中であなたのプリントTシャツなどのオリジナル商品を販売してみたいなら、ECサイトとのアカウント連携機能の利用がとても気軽。特にShopifyは日本語にも対応した世界最大規模の越境ECサイトで、海外販売にとても強いプラットフォームです。

ShopifyとPrintfulのアカウントを連携させて商品を追加する方法も別途ご紹介していますのでぜひご確認ください。

あなたもこの機会にオリジナルTシャツを1枚から気軽にプリント・注文してみてはいかがでしょうか。

Printfulへのアカウント登録ページへ移動する

 

はじめてのオリジナルTシャツ注文にお勧めの記事:

無料タイポグラフィーデザイン

ブログのメルマガを購読するとダウンロードが可能です!

A travel enthusiast originally from a land of ninjas who fell in love with beautiful nature and cultural scenes in Latvia. / 旅行愛好家。ラトビアの美しい自然と文化シーンに一目惚れし、現在首都のリガに在住。

返信をする

あなたのEメールアドレスは公開されません



全ての投稿へ戻る

Printfulを試してみたくなりました?

ECサイトのアカウントと接続、または個人向け注文をする

今すぐ始める
shares