オンデマンド印刷アパレル

オンデマンド印刷で、トレンドを逃さずスピーディーに商品開発

在庫を持つ必要も、初期投資リスクもなし。

ECサイトの売上

オンライン販売は急激に成長中

新型コロナウィルスによるロックダウン(都市封鎖)が敷かれた2020年3月から2022年2月の間、米国におけるECショップ売上高は6090億ドルも増加しました。実店舗が販売を再開したその後も、その成長は止まりません。小売り業者や製造業者は利益を守りつつ、ネットショッピングの顧客のニーズに合わせ、より多くの商品を提供しようと努力しています。

オンデマンド印刷による様々なメリット

レポートデータ

2021年、Printfulはデジタルコマース360と共同で、66の小売店とブランドを対象に、ECショップで収益を増加させるための優先事項と主要課題についての調査を行いました。

受注後に商品を製造するオンデマンド印刷は、小売業者やブランドにとっては、収益を上げ、リスクなく新商品を開発できる仕組みです。

オンデマンド印刷を利用または試用しているのは、調査対象企業の5分の1のみでした。しかし、オンデマンド印刷が今日の市場の要求に応えられることを認識する消費者向け企業が増えるにつれ、この状況は変わっていくと思われます。

Orbis Researchでは、2021年から2026年にかけてオンデマンド印刷ソフトウェアの売上は年平均で32.4%成長すると予測しています。

Tシャツの印刷

オンデマンド生産がビジネスの成長に加担

一例では、印刷機器企業Kornit社は、2021年の売上高を67%増加させました。また、オンデマンド印刷サービスを提供するPrintfulは、2020年の売上を約80%増加させ、2021年の繁忙期に製造した商品金額は過去最高の10億ドルを記録しました。

ファッションブランド ラルフ・ローレン

世界的ブランドのラルフ・ローレンがオンデマンド生産を取り入れ

2021年5月、ラルフ・ローレンは、注文を受けてからポロシャツを生産することを発表し、買い物客が好きなようにシャツをカスタマイズできるサービスを提供しています。

過剰生産

オンデマンド生産なら過剰生産を防げるため、環境に配慮する消費者にアピール可能

Wharton SchoolのBaker RetailingのFirst Insightが1000人以上の米国の消費者を対象に2021年に行った調査によると、68%が持続可能な商品に対してより多くのお金を払う意思があると答え、2年前に行った同じ質問への回答より58%増えた結果となりました。

オンデマンド印刷はネット販売を行う小売業者やブランドに最適なビジネスモデル。在庫スペースも必要なく、世界中の顧客に最寄の製造拠点から商品をお届けすることが可能です。

トレンドを素早く取り入れ

在庫切れ、在庫余剰などのリスクを最小限に抑えます。

トレンドを素早く取り入れ

高い利益を実現

過去2年間米国でのネット販売が50.5%増加したことから、小売業者やブランドの98%がECの収益の増加を優先事項としていることは自然な流れです。

レポートデータ

新デザインを数分で販売

小売業者の多くは遠方の工場から大量の商品を事前に注文する必要があるため、トレンドに素早く対応することは難しい状況です。在庫や投資リスクを最小限に抑え、商品をカスタマイズできるオンデマンド印刷はこの問題を解決します。

Project-Id-Version: 
Report-Msgid-Bugs-To: 
Last-Translator: 
Language-Team: 
MIME-Version: 1.0
Content-Type: text/plain; charset=UTF-8
Content-Transfer-Encoding: 8bit
POT-Creation-Date: 2022-09-23T09:04:25-07:00
PO-Revision-Date: 2022-09-23T09:04:25-07:00
Language: ja_JP
X-Domain: global
Plural-Forms: nplurals=1; plural=0;

新商品やアイデアをリスクなく試作

調査によると、長いサプライチェーンや消費者の嗜好の変化に迅速に対応できないことの小売業者やブランドへのリスクが、コロナ禍によってより浮き彫りになりました。

新商品が必ず売れるとは限らないため、新しいアイテムを市場で試したいという希望は在庫リスクを最小化するという目標と相反します。また、調査した企業の68%は在庫を厳しく管理する努力をしていると答えています。

品揃えを豊富にする戦略

オンデマンド印刷アパレル

ドロップシッピングは商品カタログを拡大しつつ、在庫の売り残りによるロスを最小化する方法です。

ドロップシッピングを導入することで、在庫を持つ必要がなく、受注後に商品を製造することが可能になります。

在庫

調査対象企業の55%がドロップシッピングを使用し、31%が在庫戦略の重要な要素であると捉えています。

ドロップシッピングは商品の幅を拡大するのに効果的な方法です。しかし、このためにはサプライヤーの在庫状況を良く知る必要があります。また、ドロップシッピングは、新しいトレンドに迅速に対応する問題の解決策にはならず、消費者の好みに合わせて商品をカスタマイズするニーズにも応えられません。

オリジナルアパレル製品

顧客のニーズに応えようと、35%の小売業者がカスタマイズ可能な商品を提供し、17%が今後の提供を考慮していると答えています。

カスタマイズ商品を提供している企業の3分の2は、社内でカスタマイズに対応し、その他は外部委託しています。

顧客が購入してから商品を生産するオンデマンド印刷を利用している小売業者は少ないようです。オンデマンド印刷を試したことがあると答えたのは24%の小売業者にとどまり、8%は来年にその技術を調査する計画だと答えています。

新しいアイデアを柔軟に試作

The Philosopher’s Shirtの共同経営者であるマークス・ウエレケさんとアレクサンダー・セルさんは、新しいTシャツやパーカーをデザインする際の問題を、オンデマンド印刷の柔軟性が解決してくれることを高く評価しています。人気が出なかった商品はショップから外せる点に満足しています。

「売れなかっ在庫の処理を心配しなくていいのは、小売業者にとっては無限の柔軟性だと思います。」

Markus Uehleke and Alexander Sel
The Philosopher’s Shirt共同経営者
The Philosopherのシャツ

ラテン文化をテーマにしたアパレルを販売するHouse of Chingasosの経営者であるカルロス・ウガルデさんは、大きな投資なしに経営を始められるオンデマンド生産を評価しています。コストは顧客が購入した場合のみに生じる少額の手数料だけです。「販売した時だけに課金される方法をとても気に入っています。これは、工場で商品を大量生産して先行投資する必要のある従来の方法とは全く違います。」

Carlos Ugalde
House of Chingasos経営者
House of Chingasos

生産と注文処理のすべてをPrintfulに委託できることは、Swish Embassy創業者のディーン・マルカさんにとって大きな収穫でした。「従業員、生産設備、メンテナンス、ミスプリント、消耗品その他全てを心配しなくてよいのです。こういった点を自分で管理してきたので、時間と費用がどれだけ取られるか分かります。」とマルカさん。さらに「自分で準備するとコスト面での負担の大きい」最高クラスの機械を、Printfulを通して利用することができる、とも語っています。

Dean Malka
Swish Embassy創業者
Swish Embassy

エンターテイメント、政治、スポーツ分野には、オンデマンド印刷で機会拡大

レイニス・グリキス

商品には人気が出るもの、または出なくなるものもあります。オンデマンド印刷では、商品を事前に製造するリスクを取ることなく、商品の売れ行きに迅速に対応できます。

「流れの速いエンターテイメント業界や、スポーツイベント、選挙などの予想できない分野では、オンデマンド生産は小売業者に大きな機会を与えることでしょう。」Printfulグローバル戦略法人営業レイニス・グリキス

Project-Id-Version: 
Report-Msgid-Bugs-To: 
Last-Translator: 
Language-Team: 
MIME-Version: 1.0
Content-Type: text/plain; charset=UTF-8
Content-Transfer-Encoding: 8bit
POT-Creation-Date: 2022-09-23T09:04:25-07:00
PO-Revision-Date: 2022-09-23T09:04:25-07:00
Language: ja_JP
X-Domain: global
Plural-Forms: nplurals=1; plural=0;

オンデマンド印刷なら、商品をすぐに販売し、数日以内に顧客に届けることが可能です。

「DisneyやNetflixが新しいシリーズを発表し、イカゲームのように大ヒットした場合などには、シリーズに関連した商品を誰もが欲しいと思います。しかし商品を販売する業者はなく、商品を製造して倉庫に準備するのに2〜4週間はかかります。これでは、商品ができた頃には、ヒットの波も静まり、何億ドルもの売上も消え去ってしまいます。」

オンデマンド印刷がビジネスを支援

余剰在庫や損失なし

オンデマンド印刷は顧客が購入したときのみ商品を生産するので、在庫は不要です。

新しいアイデアを簡単に試作

オンデマンド印刷なら、新しいデザインやコンセプトを試し、人気の出た商品だけを大量注文することが可能です。

すばやく市場投入

オンデマンド印刷では、SNSで流行っている最新トレンドやスポーツ大会の優勝者、人気急上昇のテレビ番組を商品に反映させることができます。

世界中に販売

Printfulのようなオンデマンド印刷サプライヤーは、世界各国に製造拠点を持ち、配送にかかる日数や送料を最小に抑えつつ、世界各国の顧客からの注文に対応することができます。

余った在庫の値下げ処分の必要なし

顧客が注文した際にのみ生産を行うので、余った分を売り切るために割引を行う必要はありません。

商品をカスタマイズ

顧客が名前やデザインを入れて商品をカスタマイズするオプションを提供することが可能です。2021年末と2022年初頭に行った調査において、84%の小売り業者がカスタマイズが自社のビジネスにとって重要だと答え、43%が2022年に投資を拡大する分野だと答えていることからも、その意義は大きいと言えます。 

環境を配慮する消費者にアピール

在庫を持たず受注後に生産を行うことを顧客に伝えることで、廃棄物を削減し、サステナビリティなどの社会的価値へ取り組むことを示すことができます。調査においても、82%がこういった取組みは2022年に達成したい重要な目標だと答えています。

豊富な色をご用意

オンデマンド印刷技術では、デザインに最適な豊富な色を選択可能です。