全ての投稿へ戻る
Shopify Payment
ECサイト 一覧ガイド はじめてガイド

Shopify Paymentとは?手数料や導入・設定方法について解説

投稿者: 2021年 10月 6日 • 読了時間:7分

世界最大級のECプラットフォームであるShopifyには、豊富な決済方法が揃っています。ターゲット層に合った決済方法を導入すれば、販売機会損失を防ぎ、コンバージョン率向上を図れます。

Printfulは、自社型やモール型など、豊富なECプラットフォームとの連携サービスをご提供しています。もちろんShopifyとも連携し、簡単、スムーズに商品をショップに追加することができます。

今回は、EC事業者にはうれしいメリットが豊富な決済サービス Shopify Payment(ショッピファイ・ペイメント)について解説します。手数料や導入・設定方法など、すぐに実装可能なので、ぜひ取り入れてみてください。

Shopify Paymentとは?

Shopify Paymentとは
出典:Shopifyペイメント

Shopify Paymentは、Shopifyが提供している公式の決済サービスです。

2018年から日本円に対応しており、他の決済代行サービスのアカウントを介さずとも、クレジットカード決済や、Shop Pay、Apple Pay、Google Payが可能となります。

クレジットカード決済は国内主要クレジットカードブランドのVISA、Mastercard、American Express、JCBに対応しています。

Shopify Paymentのメリット

「カゴ落ち」という業界用語があるように、せっかくお客様が欲しいと思ってカートに商品を入れたとしても、希望する決済方法がなければ離脱されてしまいます。

Shopify Paymentでは、お客様がたった数クリックでスムーズに決済を完了できるだけでなく、EC事業者にとっても低コストで利便性の高い決済システムが提供されています。

具体的なメリットは以下の4点です。

  • 仲介手数料無料・国内最安水準のクレジットカード決済手数料
  • Shop Pay、Apple Pay、Google Payにも対応
  • 入金サイクルが短く、最短5営業日で受取り可能
  • 導入時の審査不要

Shopify Paymentでの最大の特徴は、仲介手数料無料でほとんどのクレジットカードブランドでの決済が国内最安水準の決済手数料で導入が可能なところ。

ある調査では、ECサイトでの決済方法の約8割がクレジットカードで決済されていることが分かっています。スタートアップなどで運用コストを抑えたい方などは導入しない手はありません。

クレジットカード決済以外にも、Shop Pay・Apple Pay・Google Payから決済方法が選択できるのも、ユーザーフレンドリーで売上アップが期待できます。

入金サイクルが短いのも大きな特徴で、日本に拠点を置く事業者であれば、最短5日で入金が可能です。資金の不安なく仕入れが行えることは、事業者にとって非常に大きな恩恵と言えるでしょう。

Shopify Paymentでは、外部の決済代行サービスで必要となる導入時の審査や手続きも不要。シンプルな設定ですぐに始められるのもスタートアップ企業には嬉しいメリットです。(一部決済方法では自動審査プロセスの審査後に利用可能

Shopify Paymentのデメリット

一方で、Shopify Paymentのデメリットはどのようなものがあるのか、見ていきましょう。

  • コンビニ決済・銀行決済・後払い未対応 

Shopify Paymentでは、コンビニ決済や銀行振込などの銀行決済、後払いなどには未対応となります。これらの決済方法は、この後解説する決済代行会社と連携することで利用が可能となります。

  • 対象となっている17カ国の拠点で展開している場合のみ利用可能

Shopify Paymentは日本やアメリカ合衆国、オーストラリア、イギリス等の計17カ国をビジネス拠点としたストアのみに提供されています。(2021年8月現在)

一部に決済方法に限りがあるものの、日本を拠点とする事業者であれば、他の決済代行会社を介することでカバーできるため、デメリットはほとんどないと言えます。

Shopify Paymentの仕組み

Shopify Paymentの最大の特徴は、「Shop Pay(ショップ・ペイ)」の機能にあります。

Shop Payとは、Shopify Paymentが提供する決済方法のひとつです。

Shop Payを使って一度買い物をすると、お客様の発送先住所や決済情報が引き継がれ、次回からクレジットカード情報などの入力することなく、より早くチェックアウトできる仕組みになっています。

Shop Payを有効化している他のECサイトでもその情報を利用して買い物ができるので、お客様の手間を省き、事業者にとってもカゴ落ちを回避することができます。

Shopify Paymentの機能

主要な決済方法をまとめて導入できるShopify Paymentですが、さらに便利なECサイトを運営する上で必要不可欠な機能が備わっています。

不正解析機能でなりすまし注文を防止

ECサイトの運営者として、お客様のクレジットカード情報等を守るセキュリティ対策も万全を期す必要があります。

特にECサイトでは、カード所有者になりすまして第三者が不正に入手したクレジットカードを利用した「なりすまし注文」が発生しています。

このような不正注文を防ぐため、Shopify Paymentにはお客様の請求先住所とカード発行元のに保存されている情報とを照合する住所確認システム(AVS)や、お客様が物理的にカードを保持していることを確認するセキュリティコード(CVV)を有効にする不正解析機能があります。

不正解析機能はShopifyのライトプランを除く、ベーシックプラン以上で利用できます。

支払い情報を管理画面で確認できる

Shopify Paymentは管理画面上で支払い情報をタイムリーに把握することができます。支払い保留中の金額や次回支払い予定日を確認でき、口座への入金が完了するとメールで通知が届くような設定も可能です。

Shopifyの管理画面で入金サイクルも一元管理することで、仕入れ計画などのコスト管理もしやすくなり、より運営に専念することができます。

Shopify Paymentの手数料

Shopify PaymentはShopifyの自社サービスのため、外部の決済代行会社を利用する際に発生するような取引手数料はかかりませんが、決済毎のクレジットカード決済手数料は発生します。

しかしながら、一般的な決済手数料と比較しても国内最安水準を実現しています。運用面で大きなコスト削減となるでしょう。

Shopify Paymentでのクレジットカード決済手数料は、契約プランとカードブランドによって異なる料金体系です。

ベーシックスタンダード プレミアムShopify Plus
Shopifyプラン月額料金$29$79$299$2,000
国内クレジットカード決済手数料3.4%3.3%3.25%3.15%
海外/AMEX決済手数料3.9%3.85%3.8%3.75%
JCB決済手数料4.15%4.1%4.05%3.75%
(2021年8月現在)

Shopify Paymentの設定方法

Shopify Paymentの設定は非常にシンプルで、すぐに始めることができます。ここからは具体的な手順を解説します。

STEP1: ストア通貨を設定する

Shopify Paymentの設定方法

まず初めに、管理画面の「設定」をクリックし、「ストア通貨」でサイトで仕様する通貨を設定します。

STEP2 :Shopify Payments を有効化する

管理画面の「設定」から「決済」をクリックします。

Shopify Paymentの設定方法

次に、Shopify Paymentsのセクション右下にある緑色のボタン「アカウントの設定を完了する」をクリックして、Shopify Paymentを有効化します。

Shopify Paymentの設定方法

STEP3 : 会社情報などビジネスの詳細を入力する 

Shopify Paymentの設定方法

会社(個人事業主)情報、口座情報など必要事項を入力します。

入力後、「アカウントの設定を完了する」をクリックします。

STEP4 : 各種設定を行う

Shopify Paymentを利用するにあたって必要な設定を行います。

  • 支払い完了通知メールの受信設定
  • 不正解析機能:CVV認証に失敗した決済の拒否・郵便番号認証に失敗した決済の拒否などを設定
  • お支払い方法設定:VISA, Mastercard, AMEX, JCBの中で利用できるクレジットカードブランドを設定
  • 簡単なチェックアウト:シームレスなチェックアウトのため、クレジットカード情報や配送先住所が自動入力される設定です。

STEP5 : テストモードでシミュレーション

実際にECサイトで本稼働させる前に、必ずテストモードで問題なく決済を含む、注文処理~配送ができるかを確認しましょう。

テストモードでは、テストモード用のクレジットカード番号を利用した決済を含む、注文処理等のシミュレーションが可能です。

テストモードの手順は以下の通りです。

  1. 管理画面の「設定」から 「決済」をクリックします。
  2. 「Shopify Payments」セクションで「管理する」をクリックします。
  3. 画面一番下までスクロールすると、「テストモード」セクションがあります。「テストモードを使用する」にチェックマークを入れ、「保存する」をクリックします。
Shopify Payment テストモード

ECサイトを本稼働する場合には、必ず「テストモードを使用する」のチェックマークを外すのを忘れないようにしてください。  

Shopifyで利用できる他の決済サービス

Shopify Paymentで主要な決済方法を利用できますが、その他の決済方法も取り入れたいという方に向けて、Shopifyで利用できるその他の決済サービスをご紹介します。

自社ECサイトのターゲット層に合った決済方法を漏れなく取り入れいきましょう。

Amazon Pay

Shopify Payment Amazon Pay

Amazon Payとは、Amazon以外のサイトでも、Amazonのアカウントを使って買い物ができる決済方法です。購入者にとっては、Amazonに保存されているクレジットカード情報や配送先住所を入力する手間を省いて簡単に買い物ができ、EC事業者にとってもAmazonのシステムを使ってお客様に安全でスムーズなショッピング体験を提供できるというメリットがあります。

PayPal

Shopify Payment PayPal

越境ECなど、海外展開するECサイトならぜひ取り入れたいのが、PayPal(ペイパル)です。PayPalは世界で3億人が利用するオンライン決済サービスです。クレジットカード決済はもちろん、デビットカードや銀行決済にも対応。PayPalは安全性が高い点がメリットで、購入者が登録する支払い情報はPayPalが保護し、店側に伝わることはありません。

また、PayPalでは買い手保護・売り手保護の両者を守る制度を採用しています。買い手にとっては代金を支払ったのに商品が届かない、売り手にとっては商品を発送したにも関わらず、商品未受領などといった取引トラブルにおいて一定条件を満たせば補償がされるため、双方にとって安心に利用できるシステムが整っています。

KOMOJU

Shopify Payment KOMOJU

クレジットカード決済以外にも、コンビニ決済やスマホ決済を導入したいなら、KOMOJU(コモジュ)の導入がおすすめです。設定方法も簡単で、KOMOJUでアカウントを作成して、Shopifyを連携させるだけというシンプルなプロセスです。

スマホ決済ではLINE PAY、PayPay、メルペイ、携帯キャリア決済にも対応。クレジットカードを持たない人にも使いやすい決済方法を取り入れることで、取りこぼしを防ぐことができます。

SBペイメントサービス

Shopify Payment SBペイメントサービス

SBペイメントサービスは国内最大級の決済代行会社です。2020年度実績の取扱高は約4兆円を超える大規模取引を行っており、信頼性の高いサービスを提供しています。

Shopifyとの連携は2020年より開始しており、クレジットカード決済をはじめ、コンビニ決済、スマホ決済、NP後払い、銀行決済のPay-easy(ペイジー)など豊富な決済方法をSBペイメントで一元化することができます。

日本独自の決済方法を網羅しているため、あらゆる決済方法を用意し、離脱を防ぎたいという方におすすめです。

GMOイプシロン

Shopify Payment GMOイプシロン

GMOイプシロンはEC事業者に対する決済サービスを提供するGMOゲートウェイ株式会社の子会社です。クレジットカード決済、コンビニ決済、キャリア決済、代引き、後払いなどを一元管理することができるほか、Shopifyペイメントとの併用が可能なところも大きなメリット。Shopifyペイメントを既に導入しているという場合でも、追加料金なしで他の決済方法の導入が可能です。セキュリティ対策も万全で、GMOイプシロンでは国際規格のPCIDSS Ver3.2に完全準拠した強固なセキュリティ下で運営されており、サイトに対するお客様からの信頼性も高まるでしょう。

Shopify Paymentでシームレスな決済を

SBペイメントの調査では、自分の希望する決済方法がないと、なんと約6割がサイトを離脱してしまうという結果が出ています。

Shopify Paymentは設定も簡単で思い立ったらすぐに始められる仕様になっており、シームレスなチェックアウトによりお客様の満足度も高まります。ユーザビリティの高い決済方法を提供し、お客様が快適に商品を購入できるECサイトを目指しましょう。

オンデマンド印刷でオリジナル商品を作成できるPrintfulとShopifyを連携させて、この決済システムを活用してみませんか?

連携方法はとても簡単です。

  1. Shopify App Storeから「Printful」アプリを入手して接続
  2. Printfulでオリジナル商品を作成
  3. 配送、支払い、税金情報を設定
  4. 注文が入ると通知を受け取る
  5. 商品の製造、梱包、配送はPrintfulにお任せ

商品は1点から注文可能。初期費用、在庫なしで、すぐにオリジナルグッズの製造、ネットショップ運営を始められます!

メディア業界での経験を経て、ヨーロッパでMBAを取得。eコマース、デジタルマーケティング、Printfulのコツや活用法など、最新情報をお伝えてしていきます。

Comments

返信を投稿

メールアドレスは公開されません



全ての投稿へ戻る

Printfulをお試ししませんか?

ECサイトのアカウントと接続、または自分用に商品を注文しよう

今すぐスタート