全ての投稿へ戻る
Baumwolle-vs-Polyester-vs-Gewebemischungen
はじめてガイド

綿、ポリエステル、混紡生地の違い【繊維素材徹底比較】

投稿者: • 読了時間:6分

アパレルネットショップの開業オリジナルTシャツを作成するにあたり、悩みどころと言えば数ある洋服の素材、繊維の中からオリジナルデザインに一番合った洋服の素材を選ぶことではないでしょうか。

ネットショップを開業したばかりだと、資金に限りがあるので洋服の素材を気にせずに一番価格の安い商品を選択しがちですが、ちょっと待ってください。ネットショップ、ブランドのターゲット層に合った商品の選択がオリジナルブランドを成功させるにあたりとても重要になります。商品を選ぶ際は、ただ単にご自身の好みの素材というだけでなく、オリジナルデザインにも適した素材であることをしっかり見極める必要があります。

ファッション、アパレルショップの開業に興味のある方なら、綿(コットン)、ポリエステル、混紡(ブレンド)生地という3種類の素材の名前を聞いたことがある方も多いのでは。こちらのブログ記事では、それぞれの素材の長所、短所を含め詳しくご紹介し、オリジナルTシャツ作成、オリジナルブランドにぴったりな素材探しを手助けします。

綿(コットン)

綿(コットン)は世界で最も生産量の多い天然素材の繊維の一つです。この素材は着心地と天然素材ながら耐久性に優れているのが特徴で、洋服等のアパレル製品で最も広く利用されている素材です

質感と着心地

綿はとても万能な素材なので、デニム、フランネル、ジャージ素材など様々な生地・素材と組み合わせて利用することが可能。それぞれの生地・素材とのブレンドの仕方によってもちろん着心地も変わってきます。


全ての綿素材の生地に共通する点が、その手触りの柔らかさと通気性と吸湿性のよさ。気温の高い天候、気候の地域にお住いの方や、敏感肌の方におすすめの素材です。

また、オリジナルのブランドのイメージにゆったりとした着心地、フィット感の洋服が合う場合や、ぴったりとした着心地の商品を好まない方にもおすすめです。ただ、100%綿素材の生地は乾くのが遅いので、スポーツウェアなどには向きません。

プリントの際の特徴

インクジェットプリント(DTG)を利用して綿素材の生地にプリントを施すと鮮やかにくっきりとプリントが表現されます。あなたのオリジナルデザインを色濃く、くっきりとした印象で仕上げたいなら、100%綿素材のTシャツ、洋服を選択しましょう。ただ、分厚い生地(トレーナー等)にインクジェットプリント(DTG)で印刷を施す場合は、Tシャツと比べて色がくっきりと表現されないのでご注意ください。

Printfulで人気の100%綿素材の商品:

耐久性と商品のケア

高品質の綿は耐久性にとても優れていますので、破れづらく商品が長持ちします。ただ、ポリエステル、綿ポリ(混紡)の生地に比べるとそれでも耐久性に劣ります。

その他の天然素材の繊維と同じように、高温に晒されると生地が縮んでしまいますので、綿素材のTシャツを洗濯する際は、冷水を使用するようにしましょう。また、過度の柔軟剤の利用も生地を痛めつけてしまうので避けましょう。生地の色褪せを避ける場合には洗濯機のデリケートモード等の優しく洗うモードを選択するのがおすすめです。

ポリエステル

化学繊維のポリエステルは石油を原料として作られた合成繊維です。ポリエステルは1941年に開発され、綿と比べるとだいぶ歴史の浅い素材。

ただその歴史の浅さとは裏腹に、ポリエステルはアパレル業界でとても一般的な素材として今日では君臨するようになりました。ポリエステルは何度も着用し、洗濯をするという過酷な環境にも耐えられる耐久性が大きな長所です。

質感と着心地

ポリエステルは軽い着心地で、綿素材の生地よりもつるっとした質感が特徴です。ポリエステルは速乾性に優れているので、スポーツウェアなどに最適な選択です。ポリエステル素材のTシャツ、洋服は汗を肌に吸着させる特性を持っているので温暖な気候では不快に感じるかもしれませんが、寒冷な気候ではかなり役立ちます。

超敏感肌の方がポリエステル素材の洋服を着用すると、多少の不快感を感じることも稀にありますが、多くの場合は他の素材とブレンドをしているので実際に不便を感じることはほとんどありません。

プリントの際の特徴

過去にはポリエステルはプリントに不向きな素材として知られていましたが、技術の進歩により開発された特殊な塗料、進化したプリント技術のおかげでポリエステル素材の生地にも高品質なプリントが施せるようになりました。ポリエステル素材へのプリントは色鮮やかに表現され、色褪せがし難いのが大きな長所です。

しかしながら、ポリエステル素材の生地へのプリントは綿、混紡(ブレンド)生地に比べプリントをする際に難しい技術が必要になるので、プリントの際の代金が高くなりがちですのでご注意を。

Printfulで人気の100%ポリエステル素材の商品:

耐久性と商品のケア

ポリエステルは耐久性にとても優れた素材で、綿、混紡(ブレンド)生地よりも耐久性では上回ります。また他の素材よりも吸収性が低いので、ワインや醤油などをこぼしてもシミになりづらいのが大きな長所です。

またポリエステルはその素材の耐久性の高さに加え、きちんとケアをすればしわ、縮み、色褪せにも強いのが特徴。洗濯をする際は温水を選択し、柔軟剤は汎用タイプの利用。最後は低温のタンブル乾燥をすればケアは完璧です。

Printfulで販売されているほとんどの商品には詳細のお手入れ情報が製品ページに記載されていますので必要であれば別途確認をしましょう。

綿、ポリエステルの違い、特徴 徹底比較チャート

ここまで読んだ方なら、綿とポリエステルの素材の違いがよくわかったはず。こちらの項目では綿とポリエステルの長所、短所を特徴ごとに徹底的にわかりやすく比較します。

綿-ポリエステル-比較

この比較チャートを一読した方なら、オリジナルデザインをどちらの素材にプリントしたらいいかある程度検討がついたはずです。ただ、ここで答えを出す前に最後の選択、混紡(ブレンド)生地についても見てみましょう。

混紡(ブレンド)生地

混紡(ブレンド)生地は名前の通り、新たな質感、ユニークな特色を生み出すために複数の異なる素材を組み合わせ作られた生地をさします。

近年、この混紡(ブレンド)生地は、質感、耐久性、触り心地の向上、また生産コストの削減等の様々な需要に応えるために様々な種類が開発されています。

今日では数百種類もの混紡(ブレンド)生地が市場に出回っていますが、その中でもプリントに最も適した混紡(ブレンド)下記の種類です。:

綿とポリエステルの混紡(綿65%/ポリエステル35%、または綿50%/ポリエステル50%) – 綿ポリ

綿とポリエステルの混紡生地(通称: 綿ポリ)はベッドのシーツからTシャツまで幅広く利用されている万能な生地。綿素材の縮みやすく硬くづれし易いという短所をポリエステルがカバーするので、洗濯、乾燥がし易いのが特徴です。そして綿の長所である通気性の良さも綿ポリを利用すればポリエステル100%の商品よりも大きく優れているのも人気の理由です。

またこの混紡(ブレンド)は明るく、カラフルなデザインに最適と言えます。

綿100%-綿ポリ-ダイレクト印刷-比較

Printfulで人気の綿ポリ素材の商品:

ポリエステル、綿、レーヨンの混紡(ポリエステル50%/綿25%/レーヨン25%)- トライブレンド

レーヨンは絹に似せた質感が特徴で、紙と同様の木材パルプが原料の再生繊維に分類される化学繊維です。ポリエステル、綿、レーヨンの混紡(ブレンド)生地を利用しているアパレル製品の生地は柔らかいながらも、伸縮性に優れ、耐久性が高いのが特徴です。有名なファッション業界用語でトライブレンドと呼ばれているこの混紡生地は、ゆったりとした着心地の洋服や、絹のような心地よい質感をお探しの方に最適です。

ゆったりとした絹のような質感の為、このトライブレンドの生地にインクジェットプリント(DTG)でプリントを施すと、プリントを施した生地の質感が塗料の隙間から透けて見えるので、ヴィンテージっぽい仕上がりのプリントが出来上がります。

綿100%-トライブレンド-ダイレクト印刷-比較

Printfulで人気のトライブレンド素材の商品:

ポリエステルとスパンデックスの混紡(ポリエステル85%/スパンデックス15%)

スパンデックスはポリウレタン弾性繊維の一般名称で、この素材を1959年に開発したデュポン社の商標名である’ライクラ’(LYCRA)という名称でも知られています。この合成繊維は極めて優れた伸縮性が特徴で、このスパンデックスと綿と組み合わせた生地は、柔らかな触り心地と耐久性を両立したアパレル製品をお探しの方に最適の選択です。最も一般的なポリエステルとスパンデックスの混紡(ブレンド)生地の使用用途は、スパンデックスの伸縮性の高さと、ポリエステルの型崩れのし辛さの両方の利点が活かせるスポーツウェアです。

Printfulで人気のポリエステルとスパンデックスの混紡素材の商品:

お好みに合わせた洋服の生地、素材を選ぼう

今回ご紹介した3種類の生地、素材にはそれぞれ長所、短所が存在するので、最終的な判断は好みの問題になってきます。ただ、アパレルブランド、ショップのオーナーになるのであれば、デザインやブランドイメージ、ターゲット層にあった生地、素材の選択は必須です。顧客目線に沿ったサービスを提供するのであれば、それぞれの生地の着心地、ケア方法などをきちんと説明できるようにしておくと、ネットショップ運営がさらに円滑に行えること間違いなしです。

Printfulのブログ記事をご精読いただきありがとうございます。ご質問等がございましたら下記のコメント欄、またはPrintfulの公式Instagramアカウントのメッセージ機能までお気軽にご連絡ください。

During her time as blog manager at Printful, Giedre learned the importance of content localization. Now she uses this knowledge as International Content Marketing Manager to overlook Printful’s communications in all languages but English.

Comments

返信を投稿

メールアドレスは公開されません



全ての投稿へ戻る

Printfulをお試ししませんか?

ECサイトのアカウントと接続、または自分用に商品を注文しよう

今すぐスタート