全ての投稿へ戻る
instagram-marketing
マーケティング 基礎知識

Instagramでの販売で成功する秘訣 完全版ガイド【マーケティング・ビジネス】

投稿者: • 読了時間:11分

ネットショップでの商品の販売にあたり、複数のプラットフォームを利用することはマーケティング・ビジネスを成功させる上で現在では必須の項目です。

ネットショップでの販売をする上では、購入者が好むサイト・プラットフォームの利用がとても重要になってきますが、現在幅広い顧客層と簡単に連絡が取れる手軽さから注目を集め、事業規模に関わらず様々な企業・ブランドが利用しているプラットフォームがそう、「Instagram(インスタグラム)」です。しかし、ただ単にInstagramでアカウントを作成したからといって、宣伝・マーケティングが成功するわけではありません。ネットショップを運営しているオーナーの方なら、SNSサイトでトレンドとなっているトピックについて知っておくことはもちろん、ストーリーマーケティングハッシュタグ、ショッピング機能を活用し、最大限の集客を行うことがビジネス成功への一番の近道です。

こちらのブログ記事では、そんな「Instagram(インスタグラム)」のビジネスアカウントの機能を利用した、適切な宣伝・マーケティング方法、Instagramアカウントへ集客をし、ネットショップの販売ビジネスで成功する方法をわかりやすくご紹介します。

1. Instagramのストーリーを定期的に投稿しよう

Instagramのストーリー機能(ストーリーズ)は一日平均で3億人のアクティブユーザー数を誇り、Instagram全体のアクティブユーザー数、5億人のうち約60%のユーザーが毎日ストーリーの閲覧や投稿など何かしらのアクションを行なっている場所です。この機能を利用することは、ビジネスの成長に不可欠で、大きなビジネスチャンスを損失していることになります。

統計上の数字はもちろんですが、それ以外にもInstagramストーリーズを活用するべき一番大きな理由が存在します。それがストーリーが公開されるのは24時間に限定されること。このストーリー機能のメリットを最大限活用すれば、Instagramのフィードが投稿で溢れかえることなく、たくさんの情報をシェアすることが可能です。

ここからは、インスタストーリー機能を最大限活用するためのおすすめの機能をいくつかご紹介します。:

  • ストーリーズのハイライト機能: 先ほどご紹介したように、Instagramのストーリー機能(ストーリーズ)は投稿から24時間後に自動的に削除がされます。しかし、このハイライト機能を利用すれば、投稿から24時間経った古い投稿を保存することが可能になりました。このハイライト機能を利用すれば、あなたのInstagramのフォロワーに人気のストーリーを再度閲覧してもらうことが可能になる他、新規フォロワーがアカウントをフォローする前に投稿したストーリーを、ハイライトとして閲覧してもらうことが可能です。
H&M Instagramアカウント
  • Swipe up(もっと見る)」機能: Instagramのユーザーを直接あなたのショップに誘導することができる大変便利な機能。Instagramのストーリーの編集画面から簡単にリンクを追加することが可能です。ただこの「もっと見る」機能が利用可能なのは、フォロワー数が1万人以上のアカウントに限定されますのでご注意を。
  • ショッピング機能(SHOPNOW)をストーリーに追加する機能: もしもお持ちのアカウントがすでにビジネスアカウントに切り替え済みでFacebookの商品カタログのページと接続がされている場合は、Instagramのストーリー内に、商品のアイコンを加えて、商品を投稿にタグ付けすることが可能です。この機能を利用するとフォロワーや投稿の閲覧者がInstagramアプリから移動することなく商品を閲覧し購入を検討することが可能です。
  • ストーリー広告: Instagram上でのオーガニックリーチ数(無料の投稿が画面に表示された人の数)は少しずつ減少しています。このような背景から、Instagramで有料広告を利用せずにエンゲージメント数(投稿へのユーザー反応率)を維持するのは至難の技になっています。そんな時に有効になってくるのがストーリー広告。ライバルアカウントとの競合を避けてターゲット層に直接訴求をすることが可能です。

ネットショップ運営のネットビジネスオーナーがストーリー機能利用しての販売に成功するための秘訣

  • ユーザーの目に留まるストーリーを作成する: 投稿するストーリーを目立たせる為には、Boomerang(ブーメラン)、GIF(ジフ)ステッカー、フェイスフィルターなどがおすすめ。その他にもビジネスの裏側がわかるコンテンツ(behind the scenes)なども効果的です。このようなオフシーンのコンテンツは、閲覧者との距離感を縮め、信頼の向上にとても役立ちます。
  • 質問やアンケートステッカー、絵文字スライダー等を利用してフォロワーとの交流を深める: ネット社会の今日では、顧客はショップ・ブランドを盛り上げる役割として日に日に存在感を増しています。このようなトレンドに合わせ、質問やアンケートを活用して顧客との交流を深めましょう。顧客が実際にブランドと直接関われる機会を設けると、ショップのリピーター率の向上に大きく繋がります。
  • 投稿するストーリーに自身のコンテンツへのリンクを追加する: 質の高いストーリーの投稿を作成したら、そのストーリーの内容にあった商品へのリンクを挿入しましょう。ターゲット層にあった内容のリンクへ誘導すれば、高い購入率に繋がること間違いなしです。

Instagram用の画像編集には、もちろんPhotoshopが定番ですが、無料で画像の編集が出来る便利なフリーソフトも存在します。

2. Instagramのライブ配信、インスタグラムライブ(Instagram Live)を活用する

ライブ配信は現在大きく伸びている機能で、複数の調査によると、日々その存在感を増しています。ライブ配信のコンテンツは年代を問わず人気で、特に18-34歳のユーザーはこのような対応のコンテンツを定期的に日々閲覧しています。

Instagramのライブ配信(Instagram Live)はリアルタイムで視聴者と繋がることができる便利な機能で、自身のブランド名義のアカウントで、個人的にブランドの裏側情報などをシェアすれば顧客との強い繋がり築く為に大変役立ちます。

このインスタグラムライブ(Instagram Live)でまだライブ配信を試したことがない方なら、下記のアイデアを利用してライブ配信を試してみることをおすすめします。:

  • 顧客にブランドの限定イベント情報をシェアする
  • 視聴者が興味を持っている情報、経験を持っている人物をインタビューする
  • 自身のブランドの商品の開封動画を投稿する
  • 直近のイベント情報やノベルティーの情報をシェアする
  • ライブ配信で自身のストアへのリンクを追加、視聴者が直接すぐに購入に移れるように設定し、売上へのコンバージョン率をあげる

ネットショップ運営、ネットビジネスオーナーがライブ配信を利用しての販売に成功するための秘訣

まず始めに重要なポイントは、可能な限り多数の視聴者を集めることです。実際にライブ配信を行う前にInstagramのフィード投稿やストーリーでライブ配信で提供する内容を告知することをおすすめします。この事前告知を行なっておけば、多くのフォロワーが配信が行われることを認知することが出来、実際にライブ配信を開始し、フォロワーに配信スタートの告知がされる際に、フォロワーはどのような内容が配信されるのか分かっている分、安心してライブ配信に参加することができます。

また、ライブ配信の際には事前に配信内容の計画をしっかりと立てておきましょう。どのような内容を視聴者に配信したいかの綿密なプランニングと、また視聴者が食いつき、売上に繋がるような楽しい内容を準備しましょう。最後に、実際にライブ配信を開始する前に動画の品質と、音質を必ずチェックしましょう。

これらの項目をしっかり準備しておけば、フォロワーに向けて、ブランドの品質の高さを証明することが出来、信頼はもちろん、最終的にリピーターの獲得に繋げることができます。

3. Instagramのアカウント・プロフィールを第二のホームページとして活用しよう

Instagramのユーザー数は日々増加の一途を遂げており、ネットユーザーはGoogleではなくInstagramで興味のある情報やブランド等を検索するようになりました。このような昨今の情勢を考慮すると、Instagramは、見た目が華やかなだけではなく、顧客が求めている必要な情報が揃っていることも需要なポイントとなっています。

一例として、Tommy Hilfiger(トミーヒルフィガー)の公式アカウントは、一目でブランドが認識できるユニークな見た目の統一感はもちろんですが、プロフィール内にショップへの直接のリンク、メール問い合わせのボタンなど実際に企業へ簡単に連絡が取れるような仕組みも用意されています。さらに、先ほどご紹介した「ハイライト機能」を利用して、一押しのコンテンツを一覧で確認することが出来るようになっています。

ネットショップ運営、ネットビジネスオーナーがInstagramのプロフィールを利用しての販売に成功するための秘訣

  • ブランドイメージの沿った統一感のあるプロフィールを提供する。決まったブランドイメージが存在していない場合は、この機会にきちんとした方向性を定めることをおすすめします。
  • プロフィール内の紹介文に自身の生い立ちや、ブランドの業務内容等を端的にわかりやすく記載する。
  • この紹介文のページがInstagramで唯一クリック出来るリンクを挿入できる場所なので、自身のホームページへのリンクを挿入するのを忘れないようにしましょう。

統一感のあるおしゃれなInstagramアカウントを作成することにより、ブランドイメージの向上、信頼獲得が出来、最終的にアカウントへの訪問者を購入者にコンバージョンさせることに繋がります。

4. ユーザー生成コンテンツ(UGC)を活用する

ユーザー生成コンテンツ(User Generated Contents – UGC)は昨今多くのブランドで活用されているマーケティング戦略です。ユーザー生成コンテンツ(UGC)の利用は顧客第一のマーケティング戦略で、実際の利用時の感想などを顧客からシェアしてもらう手法です。実際の利用者の声はブランドの信頼獲得に重要なのはもちろん、利用者を手助けする顧客第一の姿勢を示すことも出来ます。ブランド自身が広告を行うよりも信頼感があり、さらに無料の広告手法なので、利用をしない手はありません。

ユーザー生成コンテンツ(UGC)一例
stitchfix

ここまで読んだ読者の方なら。ぜひこのユーザー生成コンテンツ(UGC)を利用したいとお考えでしょうが、実際にどのようなシーンでこのマーケティング手法がInstagramで活用できるのでしょうか?こちらでStitchfixというブランドの一例をご紹介します。:

上記の例では、顧客が、Stitchfixの商品をタグ付けした画像を投稿しています。その後、ブランド名義の公式アカウントが顧客に向けて、この投稿をリポスト(リグラム)してもいいかの確認の投稿をコメントをしています。元々の投稿者がリポスト(リグラム)に同意をした際は、この投稿が、ブランド名義のアカウントにリポスト(リグラム)として再度投稿されるという仕組みです。このブランドではユニークな承諾コメント方法を利用していて、ハッシュダグで#yesstichfixとタグ付けすることでリポスト(リグラム)承認を行なっています。

ネットショップ運営、ネットビジネスオーナーがユーザー生成コンテンツ(UGC)を利用しての販売に成功するための秘訣

  • 上質なコンテンツを利用するために、Instagram上で自身のブランドに関する情報を常にチェックする。
  • ブランドに関する情報をシェアしているユーザーと直接連絡を取り、自身のブランドのアカウント、ウェブサイトでコンテンツを利用していいかの承諾を得る。

著作権を侵害せず合法的にコンテンツをリポスト(リグラム)する場合は、投稿者からの承諾を得ることと、実際に画像をリポスト(リグラム)する際に画像の出典クレジットを表示することが必ず必要です。

https://www.instagram.com/p/Bz0AQ_YANn8/

Instagramに限らずどのプラットフォームでも共通で、自身のアカウントを皆宣伝してもらいたいもの。このような理由から、ユーザー生成コンテンツ(UGC)は自身のアカウント・ブランドの信頼向上、リピーターの増加に繋がる有効な手段なのです。

5. コンテンツの内容にあったハッシュタグを利用しよう

Instagram hashtags are an information search tool on Instagram that is very important for users to find your brand. This hashtag is also very useful for advertising campaigns and keeping track of rival account trends. The survey results show that 70% of all hashtags are brand-related tagging.

Instagramの新機能として、特定のハッシュタグがフォロー出来るようになった昨今では、ユーザーが今まで友人や、インフルエンサーをフォローしてきたのと同じように、ハッシュタグをフォローし情報収拾が可能になりました。このような理由から、様々な種類のハッシュタグを網羅することはフォロワー増加、ビジネスの成功にとても重要な要素となっています。

こちらのレポートでは、最も理想的なエンゲージメント率(投稿に関しての反応率)を向上させるハッシュタグ数は11であるとの結果も出ています。

ネットショップ運営、ネットビジネスオーナーがハッシュタグを利用しての販売に成功するための秘訣

  • 自身のブランド・ネットショップに関連したハッシュタグを利用し。ユーザーが情報を見つけやすく、フォロワー数の増加へ繋げる。
  • 自身のブランド・商品に利用できそうな人気のトレンドハッシュタグを上手に活用する。
  • 投稿の内容に合わせ、利用するハッシュタグを変える。同じハッシュタグばかり使い続けると、ターゲット層を狭めてしまうことに。

Effective use of hashtags on Instagram will greatly help you to develop new customers and improve brand awareness. Make effective use of hashtags that are well-suited to your target audience and increase the chances of finding a brand.

A separate blog post introduces how to completely capture Instagram hashtags .

6. マイクロインフルエンサーを活用する

マイクロインフルエンサーという単語をご存知ですか?マイクロインフルエンサーとは、およそ2000から10万のフォロワー数を保持し、特定のジャンルで大きな影響をもつインフルエンサーをさします。このマイクロインフルエンサーを活用したマーケティングは2017年頃から一般に利用され始め、その数は日々増加しています。

このマイクロインフルエンサーを活用したマーケティングはブランドの宣伝に実際なものなのでしょうか?こちらでマイクロインフルエンサーのメリット、デメリットをわかりやすくご紹介します。

メリット:

  • 名の知れたインフルエンサーと比較して、マイクロインフルエンサーはフォロワーとの距離感が近い。フォロワー数が少ない方が、実際にユーザーとのやりとりが生まれやすく、メッセージ等へのレスポンスが期待できる。
  • マイクロインフルエンサーとのコラボレーションは費用負担が少ない。
  • 有料広告を利用するよりも、マイクロインフルエンサーを利用した方が顧客・フォロワーからの信頼を獲得しやすい

デメリット:

  • ターゲット層にあったマイクロインフルエンサーを探すのには時間がかかる。
  • キャンペーンで期待した数値を得るには、複数のマイクロインフルエンサーを利用しなければいけない場合が多い。
  • 複数のマイクロインフルエンサーを利用する場合、各マイクロインフルエンサーによって報酬額、要求が異なるので、コンテンツの管理や報酬の支払い等にある程度の時間を要する。
  • 残念ながら昨今ではフォロワーをお金で買うことも可能な時代。実際にコラボレーションをしたいマイクロインフルエンサーが、このようなずるい手法でフォロワーを増やしていないかを確認することは大変重要です。

ネットショップ運営、ネットビジネスオーナーがマイクロインフルエンサーを利用しての販売に成功するための秘訣

  • 自身のコンテンツのスポンサーになってもらえそうな、ターゲット層にあったマイクロインフルエンサーを見つける
  • 実際のエンゲージメント率や売上への影響を精査し、マイクロインフルエンサーの利用したマーケティングが自身のブランドにあっているかを必ず確認する。おすすめの一例としては、まず始めにマイクロインフルエンサーに割引コードを提供し、結果が思わしくない場合は、異なるオーディエンスを抱えるマイクロインフルエンサーを試すのが効果的です。

このような、インフルエンサーを活用したマーケティング手法が上手くいくための必要事項として、インフルエンサーがフォロワーから信頼されていることは重要なポイントです。ぴったりニーズにマッチするマイクロインフルエンサーを見つければ、ブランドの認知向上、商品の宣伝に大きな効果をもたらします。

7. ショッピング機能(SHOPNOW)をフィード投稿、ストーリーに利用する

ショッピング機能をストーリーに導入できることは既にご紹介しましたが、つい最近Instagramのフィード投稿にもショッピング機能を利用できるようになったことはご存知でしたか?Instagramのビジネスアカウントの所有者は各投稿画像に最大5つの商品が、複数画像の投稿では投稿で最大20の商品のタグ付けが可能です。商品のタグには商品名、短い説明文、価格を記載することができます。ユーザーが商品のアイコンをクリックした場合は、自動的にさらなる詳細が記載されたショップのページへ遷移します。更にこの機能の最大のメリットといえば、このInstagramのショッピング機能は、わずか数分でセットアップが完了する点です。

ショッピング機能(SHOPNOW)機能

Instagramのショッピング機能を利用した投稿は、現在多くの国、地域で利用可能です。日本以外にも、アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ブラジル、スウェーデン、オランダをはじめ、その他の主要国で対応しています。

ネットショップ運営、ネットビジネスオーナーがショッピング機能(SHOPNOW)を利用しての販売に成功するための秘訣

この機能が売上の向上に直結する最大の理由が、Instagramのフォロワーがアプリを離れることなくInstagramのアプリ内で購入までの全ての流れが完結する点です。Instagramを利用したマーケティングで最も直接的に売り上げにつながる手法といえます。アカウントのフォロワーが購入につながる情報を最大限得ることができるよう、利用できる機能はとことん使い倒しましょう。:

  • 魅力的な商品の画像を用意する
  • 商品アイコンにフィットする短いながらも端的でわかりやすい商品説明を書く
  • 価格を設定する
  • リンクを追加する

ショッピング機能を導入する前に投稿した画像にもショッピング機能のアイコンを追加しましょう。この作業を行えば、例えばアカウントへの訪問者が様々な投稿をスクロールして閲覧する際に過去の投稿からも商品を購入してもらえるチャンスが上がります。更に便利な豆知識として、アカウント内でショッピング機能を利用した投稿が9つ以上になると、アカウント内に「ショップ」タブが出現し、ショッピング機能が利用できる投稿が一か所にまとめて表示されます。

ボーナスおすすめ情報: Instagramのアカウントをショッピング出来るようにするその他のサービス

Linkinbio

Linkinbio 機能

Linkinbioは、Instagramのフィードに似せたランディングページ(LP)が作成できるプラットフォーム。Instagramとの大きな違いは画像がクリック可能な点です。

Instagramのプロフィールに記載したリンクをクリックするとこのランディングページ(LP)に遷移し、ページ内で気に入った商品の画像をタップすれば、購入に進むことができます。簡単な仕組みなので試しやすいサービスです。

Shopifyのショッピング機能

世界最大のECサイトプラットフォーム、Shopifyではつい最近Instaramとの連携のサービスが提供され始め、この機能を利用すると、お好きなInstagramの投稿をショッピング機能対応にすることが可能です。このShopifyの最新機能を利用すると、在庫ありの商品のタグのおすすめ機能、更にはアプリ内で全ての購入が完結することが出来る優れものです。

BASEのInstagram販売 App

Base instagram 販売 app

日本国内向けにオリジナル商品を販売している方なら、こちらのBASEが提供し始めた「Instagram販売 App」がおすすめ。BASEのショップ管理画面からアプリをダウンロードし、Facebookのアカウントと連携をさせることで利用が可能です。

Foursixty

Foursixty はInstagramのコンテンツを自身のサイトに使える更にショッピングに特化したギャラリーとして変換してくれるサービス。ページの見た目はInstagramのフィードにそっくり。違いは画像をタップすると購入可能なタグ付けされた商品の詳細が表示され、購入が直接行える点です。

michi ny shoppable ig

Like2buy

Like2buyではフォード内にクリック可能な商品画像を埋め込むことが可能なサービス。ShopifyなどのECサイトプラットフォームを利用していない方にはこちらが最適な選択です。

Like2buy 一例

Instagramアカウントをショッピング対応にして売り上げを上げよう。

Instagramはネットショップ・ECサイト運営のビジネスに最適なプラットフォームですが、実際にマーケティングを成功させるには自身にあった最適なサービス、機能の利用が必須。「これさえあれば全て解決」な魔法のツールは残念ながら存在しないので、自分なりのInstagram攻略方法を見つけ出す必要があります。

自分にあった機能・サービスを見つけるためには、日々のデータ収集はとても重要。1つずつ新しい機能を試し、都度結果のモニタリングを行い、その結果に応じてパフォーマンスが良い機能を厳選して利用することを強くお勧めします。ターゲット層のニーズにあった適切なマーケティング方法を利用すれば、ショップの売り上げが大幅に向上するはず。

Printfulでオリジナル商品を注文し、Instagramで正しいマーケティングを行えば、読者の皆さんも簡単にショップオーナーの仲間入りです。

Printfulのブログ記事をご精読いただきありがとうございます。ご質問等がございましたら下記のコメント欄、またはPrintfulの公式Instagramアカウントのメッセージ機能までお気軽にご連絡ください。

Veronika is a Marketing Manager at X-Cart, an open-source ecommerce platform, along with the full range of services for online business.

Comments

返信を投稿

メールアドレスは公開されません



全ての投稿へ戻る

Printfulをお試ししませんか?

ECサイトのアカウントと接続、または自分用に商品を注文しよう

今すぐスタート