製品&価格 始める
Printfulのブログロゴ
マーケットプレイス(モール型)
Etsy Amazon eBay Storenvy

ブログ / はじめてガイド / Canvaで作成したデザインの著作権と商用利用の注意点

Canvaで作成したデザインの著作権と商用利用の注意点

Canvaで作成したデザインの著作権と商用利用の注意点
Yukari Kato

著者:Yukari Kato

読了時間:3分

「おしゃれなアイキャッチ画像を簡単に作りたい」という希望を簡単に叶えられる、デザインツール「Canva(キャンバ)」。Canvaではすぐに使える豊富なテンプレートが揃っており、ブログやYouTubeのサムネイル画像、ポスターデザイン、ロゴ作成などを素人でも直感的な操作で作成することができます。そんな便利なCanvaですが、気になるのが商用利用が可能なのか、著作権に抵触しないのか、という点です。

本記事では、Canvaを利用するにあたっての注意点について解説します。

Canvaとは?

Canvaとは?
出典:Canva

Canva(キャンバ)とは、オーストラリア・シドニー発祥のオンライングラフィックデザインツールです。デザイン初心者でもSNSやブログ、YouTubeなどのサムネイル画像のほか、名刺、ポスターなどあらゆるデザインを簡単に作ることができ、無料版でも十分な機能が搭載されています。

2022年6月現在、月間アクティブユーザー約6,000万人以上を有し、2020年5月より日本チームを立ち上げている急成長中の企業です。

Canvaで作成したデザインは商用利用できるのか

Canvaは「商用利用可能」であることをCanva公式ホームページで公表しています。

無料・有料会員問わず、Canvaで作成したデザインは商用利用が許可されており、クレジット表記も不要です。

ただし、「Editorial Use Only」と表記のあるものに関してはCanvaの利用規約において商用利用が禁止事項として定められているので注意しましょう。

(出典:Canva’s Content License Agreement

Canvaで許可されている利用方法

Canvaで許可されている利用方法

それでは、Canvaではどのような利用方法が許可されているのでしょうか?具体例を見てみましょう。

  • ホームページへの掲載
  • SNS投稿
  • ポスター・パンフレットなどの広告
  • 名刺・はがきなどの印刷物
  • ロゴ作成

事業の販促活動目的での使用は商用利用に該当します。

Canva公式ホームページでは、ライセンスで「認められていること」として以下のように明記されています。

“認められていること

  • Canvaのデザインに当社のコンテンツを追加し、個人利用や商業利用など、幅広い用途で使用できます。
  • 当社のコンテンツをマーケティングやSNSに使用したり、デザインが印刷された商品を販売したりできます。”

(出典:Canva 作成したデザインにCanvaコンテンツを使用するためのライセンス

つまり、上記に挙げたようなビジネスシーンでもCanvaでは利用が可能ということになります。

Canvaで許可されていない利用方法

Canvaで許可されていない利用方法

一方で、Canvaでは許可されていない利用方法もあります。知らぬ間に規約違反をしていた、ということにならないようにしっかりとルールを理解しましょう。

例1:Canvaの素材を無加工で印刷して商品販売する

Canvaを利用した商品販売時には注意が必要です。

Canvaでは、Canvaのテンプレートや素材を無加工の状態で販売物に利用することは禁じられています。

Tシャツ販売などのデザインにCanvaの素材を利用する際には、デザインをそのまま使わずに加工するように心がけましょう。

例2:Canvaの素材を使って商標登録する

加工・無加工問わず、Canvaのテンプレートや素材を使って商標登録をすることはNGです。

Canvaのテンプレートや素材はデザインの作成者が著作権を有しており、ロゴ作成に関しても、Canvaのテンプレートや素材を使ったものは著作権侵害に相当するため商標登録できません。

ロゴを商標登録したい場合は、Canvaの四角や丸などの図形を使って一からオリジナルのロゴデザインを作成すれば商標登録が可能となります。

例3:Canvaのテンプレートや素材をサイトで販売する

Canvaのテンプレートや素材を販売することは転売にあたるため禁止されており、Canvaでも以下のように述べられています。

“Canvaで提供される無加工のメディアについては、再販売・再配布・クレジットの取得は行わないでください。”

(出典:Canva 作成したデザインにCanvaコンテンツを使用するためのライセンス

ストックフォトサービスにCanvaのテンプレートや素材を販売することは著作権侵害に相当します。絶対にやめましょう。

H2 Canvaを商用利用する際の注意点

Canvaを商用利用する際の注意点

Canvaでデザインを作るとき、写真やイラスト素材サイトの素材を利用することは多いですよね。

Canva以外からの外部サイトから素材をアップロードしてデザインする際には、各サイトの規約を遵守しなければなりません。

各サイトで利用規約が設けられているため、確認作業は大変ではありますが、万が一規約違反になってしまった場合は、訴訟や損害賠償請求といったトラブルに発展してしまう可能性もあります。

トラブル回避のためにも、外部サイトの素材をアップロードする際は、サイトに明記されている「利用規約」や「使用可能範囲」などで事前に確認しましょう。

自作デザインを使ってネットショップを始めませんか?

Printfulのロゴ作成ツール

あなたのデザインを商品にプリントして販売してみませんか?

弊社Printfulでも、誰でも簡単に使えるロゴ作成ツールをご用意しています。

実際にプリントする前に、モックアップ作成ツールを使えば完成イメージをWeb上で確認することも可能です。

必要なのは、あなたのデザインデータだけ。

世界にひとつだけのデザインを使って、ビジネスの最初の一歩を踏み出してみましょう。

author

Yukari Katoさんが2022年6月22日に投稿

Yukari Kato

メディア業界での経験を経て、ヨーロッパでMBAを取得。eコマース、デジタルマーケティング、Printfulのコツや活用法など、最新情報をお伝えてしていきます。

メディア業界での経験を経て、ヨーロッパでMBAを取得。eコマース、デジタルマーケティング、Printfulのコツや活用法など、最新情報をお伝えてしていきます。

ブログを検索

トピック

Yukari Kato

著者:Yukari Kato

読了時間:3分 2022年6月22日

Printfulとは

Printfulはオリジナル商品をオンデマンドで印刷し、ドロップシッピングで国内・世界中に発送するネット上のサービスです。オリジナルグッズを販売する夢を抱いている方にそのアイデアをビジネスに変えるサポートをしています。

  • 登録、月額無料
  • 数百種類もの商品からオリジナルグッズを作成
  • 在庫を持たずに物販
  • 世界中の顧客に販売

個人向けに商品を作成、またはオリジナルデザインを商品化させ、ネットで販売しませんか?

開始