全ての投稿へ戻る
Tシャツデザイン アイデア
スタイル&トレンド はじめてガイド

Tシャツデザイン作成・アイデア 簡単3ステップガイド【オリジナルデザイン】

投稿者: 2019年 7月 24日 • この記事を読むのに必要な時間:8分

注: こちらのブログ記事の一部の商品サービスのリンクはアフェリエイトリンクです。読者の方がリンクからアカウント登録をした際にはPrintfulに報奨金が支払われます(読者の方に料金等は一切発生しません。)詳細はこちらから

ネットショップを開業・運営してみたい?オンデマンド印刷のプリントサービスを利用して副業でプリントデザインTシャツを販売してみたい?そんなオリジナルのプリントデザインを利用した商品の作成・販売には、自身にあったネットショップ運営のためのECサイトプラットフォーム(ShopifyEtsyなど様々)とPrintfulのようなオンデマンド印刷のオリジナルプリント業者の利用が大変便利です。

しかし一番難しいポイントはあなたのオリジナルのデザインアイデアを元にTシャツデザイン作成をしなければいけない点。実際に顧客が気に入るようなおしゃれなデザインを作成しなければ、販売を開始しても売上は生まれません。

おしゃれなTシャツデザイン方法のコツを知りたい方なら、こちらのブログ記事で全てが解決。今回は、Tシャツデザインのおしゃれなインスピレーションを見つける場所や、デザインテンプレートが手に入る場所。さらに実際にTシャツデザインを利用した簡単なオリジナルTシャツの作成・販売方法をご紹介します。

ブログ記事の最後には、実際にTシャツのデザイン作成に利用可能な無料のタイポグラフィーデザイン もご用意しましたのでぜひご確認あれ。

1. デザインの前にターゲット層にあった「ニッチ」を見つけよう

Tシャツのデザインを始める前に、まずは自身のデザインした商品を販売したいターゲット層を考え、「ニッチ(隙間)」を見極めることが重要です。

デザインを販売したいターゲット層、「ニッチ」を見いだすのに苦労しているのなら、自身の興味のある項目や、ブランドイメージをまず参考にしましょう。完全に新しい項目に手を出すよりも、元々ある程度知識のある分野に販売をする方がTシャツデザインで成功をする確率は格段に上がります。

販売時の「ニッチ」を見極めるのに考慮すべき項目は、自身の趣味、どのようなターゲット層に売りたいか、特定のイベント・行事などが主な項目です。:

  • スポーツ
  • ビジネス
  • 家族・ファミリー
  • カップル
  • ペット
  • グルメ・食
  • 社会情勢

View this post on Instagram

以前ご紹介した、ニッチな需要を見つけてビジネスを成功させる秘訣の投稿はご覧になりましたか?😄ニッチを見つけて、ビジネスを成功させる方法を簡単4ステップでご紹介!詳しい情報はプロフィール内の公式ブログリンクをクリックしてね!⬆⬆⠀ .⠀ .⠀ .⠀ #printful #ビジネス成功 #起業 #マーケティング #ビジネス #ニッチ #起業女子#webマーケティング #オリジナルデザイン#プリントtシャツ #プリントフル #デザイン #グラフィックデザイン #プリント #オリジナル商品 #デザインtシャツ #イラストレーター #デザイナー #ファッション #ファッションデザイン #会社経営 #おしゃれさんと繋がりたい #通販 #ecサイト #ドロップシッピング #オンデマンド印刷 #fashion#marketing #design ⁣#enterpreneur

A post shared by Printful Japan 🇯🇵 (@printful.jpn) on

デザインを売り込むターゲット層は絶妙な「ニッチ(隙間)」を見つける必要があります。大きすぎるターゲット層は競争が激しく、小さすぎるターゲット層では十分な購買者を集めることができません。ネットショップを運営し、オリジナル商品を販売する際は、常に特定の「ニッチ」なターゲット層からの売上で利益をあげることが出来るかをしっかりと考えましょう。

兎にも角にもオリジナルデザインを販売するにあたり最も重要な項目は「どのターゲット層に販売するか」です。

例えば、植物やガーデニングに興味があり、植物好きの層をターゲットにするのは良い選択と言えます。オリジナルデザインのTシャツ販売にあたり大事な項目を下記にまとめましたので参考になれば幸いです。:

  • InstagramやPinterestなどのSNSで現在何が流行しているか?
  • 現在流行の植物の種類は存在するか?
  • 販売するターゲット層が興味を持つような格言などは存在するか?
  • 既に植物をテーマにしたデザイン商品を販売しているライバル業者でどのようなテーマのオリジナルTシャツが販売されているか?

あなたが実際にデザインTシャツを販売したいターゲット層で一体何が流行しているかを把握することがとても重要です。既にSNS等で特定のグループやコミュニティに参加しており、その中で気に入ったデザインのアイデアが存在するのであれば、同じグループ内の不特定多数からも好まれるデザインの可能性が高いです。

2. Tシャツデザインのアイデアになるインスピレーションを探そう

Tシャツデザインのある程度の方向性が定まったら、次は実際にデザインを作成する番です。おしゃれなデザインを作成するのは実際に想像するよりもある程度の労力が必要になります。実際にPhotoshopなどでデザインを始める前に、現在流行のデザインの情報を収集し、実際にネットショップで商品を販売する際に流行に乗った顧客からの注目を集めやすいデザインを作成することが大変重要です。

Printfulのデザインチームは常に流行・トレンドのデザインの情報について熟知しています。今回はそんなデザインチームから、流行のデザインについてのおすすめ情報を丸ごとご紹介します。:

80年代、90年代のパターンデザイン

ミレニアル世代とも呼ばれている平成初期(1989年〜1995年)に生まれた世代の間では現在、懐かしさの漂うノスタルジックなデザインが流行中。バブル時代に流行したデザインが「リバイバル」として再度流行しています。この時代のパターンデザインは、色のコントラストが激しく、複雑な形・シェイプを利用したデザイン、パステルカラーが大きな特徴です。

このようなパターンデザインのグラフィックは昇華プリントを利用した全面プリントのデザイン(レギンス、トレーナー等)にぴったり。もちろん90年代らしいディテールを織り込んだTシャツデザインにも有効活用できます。

タイポグラフィー

タイポグラフィーはTシャツデザインの鉄板です。ターゲット層の「ニッチ」に合うタイポグラフィーと文字テキストを組み合わせたデザインはTシャツデザインを作成する上でマストな選択と言えます。

タイポグラフィーデザインの作成方法は様々存在しますが、その中でも2つのスタイル、「アイソメトリック(等尺性)」と「手書き風」が現在大流行の2大トレンドデザインです。

アイソメトリックタイポグラフィーは太字とビジュアル重視の3Dデザインを活用した幾何学的な雰囲気を醸し出すデザインが大きな特徴です。

View this post on Instagram

More is more #featuredwork

A post shared by Printful Design Team (@printful.design) on

一方、手書き風タイポグラフィーはアイソメトリックデザインと比較して、素朴で気まぐれなデザインであることが大きな特徴です。

これらの定型デザインとも呼ばれるタイポグラフィーは、デザインに通常のベーシックなフォントに比べてユニークさをプラス出来、よりプロのデザインらしさを表現することが可能です。

もちろんデザインを考える際は、ターゲット層の好みのデザインであることが最も重要なので、デザイン作成の前に、下記の項目を考慮しましょう。

  • テキストに太字を利用するべきか?
  • 幾何学デザインが合うか?
  • 素朴ながらも審美的なデザインが合うか?

これらの項目をしっかりと熟考しましょう。もしもメッセージ性に優れたデザインを作成したいのであれば、逆にシンプルなフォントを利用するのも策の一つです。

一からデザインを作成するのは気が引ける?そんな方はブログ記事の最後の項目から無料のタイポグラフィーデザインテンプレートのダウンロード をお忘れなく!

コラージュデザイン

ここ最近、複数のデザインを組み合わせてデザインされる、コラージュデザインを見かける機会が急増しています。

このタイプのデザインを作成する際に注意する点はコントラストです。選択した複数の画像のコントラストが、真逆ながらもデザインに協調性があるものを組み合わせて利用するのがおすすめ。世界観を強調し顧客に魅力を訴求できるような画像を組み合わせたデザインを作成するように心がけましょう。

このコラージュデザインを作成する際の素材としては、写真に何かしらのグラフィックデザインを組み合わせるのがデザインを成功させるコツです。

コラージュデザインはTシャツのデザインにもぴったりのおしゃれなデザインで、全てのコントラストやディテールが簡単に目視できるのが大きな魅力と言えます。

手書き風イラストデザイン

手書き風のイラストデザインは2018年に続き今年も大流行

ブログの最初でご紹介した、植物をテーマにしたデザインを一例に手書き風の植物のシンプルなデザインをデザイン作成ツールで作成する過程を簡単にご紹介。手書き風イラストを作る際におすすめするコツはシンプルな植物のイラストを選択し、個性を加えられるような文字テキストをその下に配置することです。

植物 サンプル モックアップ デザイン

Printfulのデザイン作成ツール(Mockup Generator)内には、アボカド、ピザ、ハート型のサングラス、ベーシックな形のイラストなどの様々なシンプルなデザインが無料で利用可能なので、デザインを一から作り上げるのが面倒な方にも大変おすすめです。

大胆なデザインを積極的に取り入れよう

オンデマンド印刷を利用して、オリジナルTシャツをデザイン・販売する大きなメリットと言えば、リスクが少ない点です。受注生産でオリジナルデザインの商品を1枚から作成できるので、何百枚も最初に商品をプリントする必要がなく多額の資金を投入する必要がありません。仮に作成したデザインが売れなくても、ネットショップの商品ラインナップから削除するだけでOK。新たな流行・トレンドに乗った商品も実験的にショップに追加し、売れ行きを調査することが可能です。

デザインが全く売れなければ、デザイン作成に費やした時間を無駄にすることにはなりますが、成功すれば新たな売れ筋商品として商品ラインナップに加えることができます。

3. ネットで手に入る素材を利用しよう

既にデザインの知識が豊富な方なら、Tシャツデザインの作り方も熟知しているはず。Photoshopや画像編集のフリーソフトを利用して、気に入ったデザインを作成し始めましょう。

もしもデザイン初心者の方なら、一からデザインを作り上げるのには躊躇しますよね?そんな時はネットで見つかる素材を有効活用することをおすすめします。

Printfulのデザイン作成ツールを利用する

Printful デザイン作成ツール

まずは一番お手軽な素材が手に入る場所をご紹介。オリジナルプリントの商品が作成できるサイト、Printfulでは誰でも簡単に利用が可能なデザイン作成ツール(Mockup Generator)を提供しており、シンプルなグラフィック、フォント、イラスト、クリップアート、シンボルが無料で利用可能。

Tシャツにプリントするデザインがシンプルなものなら、このデザイン作成ツールでほとんどの素材を手に入れることが可能です。詳しいデザイン作成ツールの利用方法はこちらのPrintfulのはじめて注文ガイドをぜひご確認あれ。

もしもアイデアはあるけれど、デザインの作成に自信がない方なら、Printfulのデザインサービスに依頼をし、デザインを形にすることも可能です。

著作権を侵害しないフォント・画像サイトの素材を有効活用する

Tシャツデザインを作成する際、一から全てを作り上げることは実はマストではありません。ネットでは著作権等を侵害しない、画像・写真・フォントが多数存在。先ほどご紹介したコラージュデザインを作成する際には、これらの無料画像・フォントが手に入るサイトはデザインを引き立たせる際に大活躍するはずです。

注意点としては、いくつかの素材サイトは有料であること、また利用する素材が商業的ライセンスを既に得ている素材であることを頭に入れておきましょう。Printfulを利用してオリジナルのプリントデザイン商品を作成・販売する際には商品の販売者がデザインのライセンスを保持している必要がありますので十分ご注意を。

このようなライセンスに関する問題を考慮すると、自身でデザインを一から作り上げるのが、一番スムーズですが、デザインの幅を広げたいようであれば下記の選択肢はおすすめです。:

  1. Creative Marketグラフィックから、フォント、テーマまですぐに使える数千種類の素材が存在。デザインとして実際に利用する際は、素材をダウンロードする前に商業利用で必要なライセンスの情報をしっかりと確認しておきましょう。
  2. Flaticon – 様々なカテゴリーを網羅した172万種類のベクター素材アイコンが手に入るサイト。ダウンロードはもちろん、お好みに合わせた編集も可能。無料の素材を利用する際は、素材を投稿したアーティストへ出典クレジットを表記する必要があります。有料プランを利用の際はデザイン作成者への出典クレジットの表記は必要ありません(商業的利用の場合でも必要なし)。
  3. Shutterstock – こちらのサイトでは数千種類もの高画質な著作権を侵害しない写真・画像・ベクター画像が手に入ります。ただし、商業向けにデザインを利用する場合はデザインの拡張ライセンスが必要になりますのでご注意を。
  4. Vexels – 商業利用OKのベクター画像をお探しならこちら!Tシャツデザインの作成にもぴったりのデザインを多数ご用意。ただし注意点として、商業利用の際は別途ライセンスの取得が必要になります。
  5. ICOONMONO – 日本語で安心のベクター画像が手に入るサイトといえばこちら。6000種類以上のベクターアイコンが無料で利用可能です。プリント商品への商業利用に関しても制限がないのが大きな魅力です。

フリーランスのデザイナーを雇う

インターネットが普及している現在では、フリーランスのデザイナーを簡単に探し、デザインの作成を依頼することが可能です。

  1. UpWorkネット上で、プロジェクトの内容にあった最適な人材を探すことが可能なプラットフォームです。
  2. Fiverrアーティストの卵が自身のスキルを売り込む為に活動するプラットフォーム。依頼料が$5からとリーズナブルなのも魅力です。
  3. 99designs – 依頼したい仕事の内容と報酬額を自身でオファーし、デザイナーがその内容にあったアイデアをオファーします。その中から依頼者が最も魅力的な内容を選択し、報酬を支払うというコンペ形式でデザイナーを雇うことができるサイトです。
  4. FreelanceNow – 様々な職種のフリーランサーを雇うことが可能な日本語のサイト。こちらのサイトでは、デザイナーも多数登録しており、日本語でのやりとりを希望される方におすすめです。サイトから以来内容を投稿し、Facebookのメッセンジャーでフリーランサーとのやりとりが可能な気軽さも大きな魅了です。

おまけ: プリントに適したインクジェットプリント(DTG)向けデザインの秘訣

Tシャツは万国共通で愛されるファッションのアイテムで、誰もが必ず1枚は所有している定番商品。そんなオリジナルTシャツする際におすすめのTシャツの選び方とデザインの作成方法をこちらでご紹介します。

デザイン、プリント手法にあったフィット感・生地のTシャツを選択しよう。

プリントTシャツのスタイルを選択する際にはターゲット層も「ニッチ」あった商品を選択することが重要です。実際に商品を購入するであろうターゲット層がベーシックで格安の消費を好む場合はGildanのTシャツがおすすめ。購入層がスタイルやファッション性を重視する場合はファッション性に優れた商品を展開するBella + Canvas をおすすめします。

Tシャツ選びで考慮するべき点:

  • レディース?メンズ?どちらの商品を販売する?
  • ターゲット層が好むのはルーズなゆったりとしたフィット感?それともタイトなフィット感?どちらのTシャツが人気?
  • ターゲット層が購入するであろう価格は?
  • 流行色は何色?ターゲット層から人気の色は?

それ以外にもプリントを施す生地の違いによってプリントの仕上がりが異なる点も頭に入れておきましょう。

データ入稿ガイドラインに沿ったデザインを入稿しよう

Tシャツのデザインを入稿し、デザインを作成・販売する前に、Printfulの印刷・デザインデータのガイドラインを必ずチェックしましょう。各商品により、詳細のルールは若干異なりますが、基本のルールは下記の通りです。:

  • Printfulでデザイン・印刷データを入稿時のアップロード可能なファイル形式は、PNG方式またはJPG方式
  • 入稿するデザインの画質は最低でも150DPI(dots per inch)が必要です。低画質の画像を入稿すると、実際にデザインをプリントした際にドット絵のようなデザインでプリントがされてしまいますのでご注意を
  • 使用するデザインの全ての加工が不透明であることを確認しましょう。インクジェットプリント(DTG)を使用したプリント技術は透明な加工が施されたデザインではプリントが正常に処理されません。全ての色がソリッドカラーであることを必ず確認しましょう。

Printfulのデザイン作成ツール(Mockup Generator)を利用すると、実際にプリントされる商品のある程度のイメージを実際のモックアップ(サンプル)画像で確認ができます、ただ実際にプリントされた商品の仕上がりは、画面上で確認できるイメージ画像とは異なるもの。そういった予期せぬトラブルを避けるためには、実際に顧客に商品を販売する前に20%割引で利用できるサンプル注文で商品の出来上がりを実際にその目で確かめることをおすすめします。

デザイン・印刷データの入稿に関するさらに詳しい情報もブログ記事で特集をしていますのでぜひご一読を!

オリジナルのTシャツデザインを作成してみよう

オリジナルTシャツのネットショップでの販売は想像以上に簡単に可能です。もしもクリエイティブで素敵なデザインのアイデアをお持ちなのであれば、「ニッチ」にあったターゲット層から絶大な支持を受けるはずです。また、ネットではオリジナルデザインの作成・販売を手助けしてくれる、ECサイトプラットフォーム、オンデマンド印刷のプリント業者などの心強い味方が存在。

このブログ記事を最後まで読んだ読者の方なら、Tシャツのデザイン・販売のコツをしっかりと学ぶことができたはず。

最後まで記事をお読みいただいたお礼に、今回は気軽に利用できる無料のTシャツデザインテンプレートをご用意しました。そのまま利用はもちろん、デザイン作成ツールで少し加工を加えて素敵なTシャツデザインをぜひ作成してみてください。

Tシャツデザインのコツ・アイデアについてのご質問があれば、下記のコメント欄までお気軽にコメントをお待ちしております。

無料タイポグラフィーデザインをダウンロード

ブログ購読をして、無料のデザイングラフィックをゲットしよう

Nora covers all things ecommerce for the Printful blog. She appreciates good dad jokes, new books, freshly baked cookies, and evening jogs.

返信をする

あなたのEメールアドレスは公開されません



全ての投稿へ戻る

Printfulを試してみたくなりました?

ECサイトのアカウントと接続、または個人向け注文をする

今すぐ始める
shares